文字サイズ

    トランプ氏、米半導体大手の買収を認めず

     【ニューヨーク=有光裕】トランプ米大統領は12日、半導体大手ブロードコムによる同業の米クアルコムの買収計画について、安全保障上の理由で認めないとする大統領令を出した。

     ブロードコムがシンガポールの法律に基づいて設立されており、クアルコムを買収すると米国の安全保障を損なう恐れがあると判断した。

     ブロードコムは2017年11月に、負債を含めて約1300億ドル(約13兆7800億円)で買収を提案した。クアルコムがこれに応じなかったことから、今年2月に買収価格を引き上げる一方、株主総会に向けて取締役候補を発表し、委任状争奪戦に発展していた。

    2018年03月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集