文字サイズ

    東京ガス負担免除「私が決裁」…岡田元市場長

    築地市場、豊洲移転問題の経過はこちら
    • 百条委員会で答弁に向かう岡田至氏(右)ら、歴代の都中央卸売市場長(18日午後3時4分、東京都新宿区で)=川崎公太撮影
      百条委員会で答弁に向かう岡田至氏(右)ら、歴代の都中央卸売市場長(18日午後3時4分、東京都新宿区で)=川崎公太撮影

     東京・築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題を調査する都議会の百条委員会は18日、2003~12年に都中央卸売市場長を務めた4人を証人喚問した。

     11年3月に都と東京ガスが結んだ土地売買契約で、東京ガスに新たな土壌汚染対策費用を負担させない「瑕疵かし担保責任の免除」が盛り込まれた理由を、当時市場長だった岡田いたる氏は「要求をのまなければ永遠に合意できないと考えた」と説明した。

     土壌汚染対策を巡っては、東京ガスが都条例に基づく対策工事を終えた後の08年5月、環境基準の4万3000倍のベンゼンが検出され、都は追加対策を実施することにした。

     岡田氏によると、土地売買契約前の交渉で、追加対策費586億円のうち78億円を東京ガスが負担することになったが、その際、同社から「自分たちに法的責任はない、これ以上の負担がないことを明示してほしい」と条件が示されたという。岡田氏は「交渉をまとめることが第一だった。私が決裁した」と述べた。このため、追加対策費は860億円に膨らんだが、同社の負担義務は78億円にとどまっている。

    (ここまで470文字 / 残り480文字)
    2017年03月18日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP