文字サイズ

    「時差ビズ」11日から…早朝時間帯に臨時電車

     朝の出勤時間をずらすなどして通勤ラッシュを緩和する「時差ビズ」のキャンペーンが11~25日、東京都内を中心に実施される。

     鉄道各社が早朝時間帯に臨時電車を走らせるなど、約230の民間企業や自治体が協力する。自宅など会社外で働く「テレワーク」や勤務時間を柔軟に決められる「フレックスタイム」の導入などを促すのが目的だ。

     時差ビズは、「満員電車ゼロ」を掲げる小池百合子知事が提唱した。これを受け、都は今年4月から、出勤時刻を午前7~11時の9種類まで認めた。テレワークも導入し、これまで子育て中の職員ら約30人が在宅勤務を経験した。都はキャンペーン期間中、食堂の開始を早めるなどして、職員の早朝出勤を促す。

    (ここまで302文字 / 残り368文字)
    2017年07月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!