文字サイズ

    豊洲移転、来年9~10月で調整…都が発表

    築地市場、豊洲移転問題の経過はこちら

     東京・築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転時期について、都は16日、来年9~10月の移転を目指して市場業者と調整すると発表した。

     業者側はこれまで、移転時期について、「来年9月か10月」もしくは「再来年2月」を要望していたが、2020年東京五輪・パラリンピックの輸送拠点などを整備するため、来年10月末には築地市場の解体工事に着手する必要があることなどから、都はその前までの移転を目指すことにした。また、豊洲市場の安全対策工事や農林水産大臣の認可手続きが完了した段階で、市場が安全であることを発信する考えも示した。

     業界団体でつくる「築地市場協会」の伊藤裕康会長は取材に対し、「各業界と相談した上で、できるだけ早く移転時期を決めていきたい」と述べた。

    2017年10月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP