文字サイズ

    豊洲開場、来年10月11日…都と業界団体合意

    • 新市場建設協議会の冒頭、あいさつする東京都の村松明典・中央卸売市場長(20日午後、東京・築地で)=吉岡毅撮影
      新市場建設協議会の冒頭、あいさつする東京都の村松明典・中央卸売市場長(20日午後、東京・築地で)=吉岡毅撮影

     東京都は20日午後、都と築地市場(中央区)の業界団体でつくる「新市場建設協議会」を開き、移転先となる豊洲市場(江東区)の開場日を来年10月11日にすることで合意した。

     当初予定していた昨年11月7日から約2年遅れの開場となる。

     市場移転を巡っては、小池百合子知事が昨年8月末、豊洲市場の安全性への懸念などから延期を表明し、その後、同市場の建物下に盛り土がないことや、地下水の汚染が確認された。

     都は専門家会議の検証などを経て安全性に問題はないと判断し、今年6月、豊洲市場に移転した上で、築地市場跡地を再開発する基本方針を発表した。都と業界団体は11月の協議会で、「来年10月中旬」の開場には合意したものの、具体的な日程は、地元の江東区が市場受け入れに難色を示したことなどから見送られた。

    (ここまで344文字 / 残り83文字)
    2017年12月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    沖縄旅行など超豪華賞品が当たる!新春プレゼント特集