文字サイズ

    豊洲の集客施設、五輪・パラ後に着工で合意

     東京都は31日、豊洲市場(江東区)の集客施設「千客万来施設」について、2020年東京五輪・パラリンピック後に着工することで、事業予定者の「万葉倶楽部」(神奈川県)と合意した。

     同社が着工の延期を条件に事業を続ける意向を示し、都が受け入れた。

     当初は、飲食物販棟を18年夏、温泉付きホテルを19年夏に開業する予定だったが、同社は小池百合子知事が示した築地市場(中央区)跡地の再開発方針に反発し、事業がストップ。都と同社は事業実施の可否について交渉していたが、小池知事が30日に同社の高橋弘会長に謝罪し、同社は31日、建設費高騰が落ち着くとみられる五輪後の着工を条件に事業継続の意向を示した。

    (ここまで295文字 / 残り99文字)
    2018年05月31日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集