文字サイズ
    FIFA汚職・アーカイブ

    FIFAワーナー元副会長は出身国で出頭、逮捕

     【ニューヨーク=水野哲也】AP通信などによると、国際サッカー連盟(FIFA)の収賄事件で起訴されたFIFA幹部のうち、ジャック・ワーナー元副会長は27日、出身国のトリニダード・トバゴで警察に出頭し、逮捕された。

     米捜査当局の要請を受け、逮捕状が発行されていた。トリニダード当局者はAPに対し、約2年間にわたって米司法当局とワーナー氏が賄賂を受け取った容疑などで捜査を進めてきたことを明らかにした。米司法当局は今後、身柄の引き渡しの手続きを進める見通し。

    2015年05月28日 15時41分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと