文字サイズ
    FIFA汚職・アーカイブ

    FIFA会長選、日本協会会長は現職支持の方針

     国際サッカー連盟(FIFA)総会出席のためにスイス・チューリヒ入りしている日本サッカー協会の大仁邦弥会長は28日、読売新聞の取材に応じ、29日に予定されているFIFA会長選で現職のブラッター氏を支持する方針を示した。

     大仁会長は「アジア連盟(AFC)が支持を決めており、尊重しなければならない」としながらも、「選挙までどんなことが起きるか分からないので、情報を聞きながら最終的に判断したい」とも語った。一連の疑惑については、「これまで自浄作用が働かなかったことが、こういう結果につながった。徹底的にやらないと変わらない」と、FIFAの健全化に期待した。

     日本を含むアジア連盟は28日、今回の事態によるFIFA会長選の延期に反対する声明を発表。ロイター通信によると、アフリカ連盟も追随した。これに先だち、欧州連盟は公式サイトで「FIFAのリーダーシップを変えることが強く求められている」として会長選挙の延期を求めた。

     ブラッター会長は、FIFA総会開会前の28日午前に行われた会議などを欠席した。

    2015年05月29日 07時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP