文字サイズ

    「2017年3~4月郵送全国世論調査『働き方』」

    ▽対象者:全国有権者3000人(層化二段無作為抽出法)
     方 法:郵送自記式、2017年3月14日調査票郵送、4月18日返送締め切り
     有効回答:1834人(回答率61%)
     ※選択肢の右の数字は%、小数点以下四捨五入。0は0.5%未満。
     
    Q 働く目的や理由について、あなたは、どのような考え方をお持ちですか。3つまで選んで下さい。

      答 1.人間の務めだから     31    6.自分の能力を発揮するため 28
        2.生活を支えるため     82    7.企業の発展につくすため  4
        3.より豊かな生活を送るため 58    8.社会に貢献したいから   36
        4.出世のため        0    9.その他           1
        5.生きがいだから      18   10.答えない          1
     
    Q あなたが理想的だと思う仕事は、どのようなものですか。3つまで選んで下さい。
      答 1.楽しい仕事        41    6.体力的に負担の少ない仕事 10
        2.能力を生かせる仕事    52    7.精神的に負担の少ない仕事 34
        3.収入が安定している仕事  66    8.失業の心配がない仕事   28
        4.高い収入が得られる仕事  15    9.その他           1
        5.社会に貢献できる仕事   32   10.答えない          1
     
    Q 「一生懸命働くことは美徳だ」という考え方がありますが、あなたは、そう思いますか、思いませんか。
      答 1.思う  62   2.思わない 37   3.答えない 1
     
    Q 就職したら、定年まで同じ企業に勤めることができる、いわゆる「終身雇用制」について、あなたは、望ましいと思いますか、望ましくないと思いますか。

      答 1.望ましい 68   2.望ましくない 30   3.答えない 2
     
    Q 年齢や勤続年数よりも、個人の能力や業績を重視して、賃金や地位に大きな差がつく、いわゆる「成果主義」について、あなたは、望ましいと思いますか、望ましくないと思いますか。

      答 1.望ましい 62   2.望ましくない 35   3.答えない  3
     
    Q 収入と労働時間について、あなたの考えに近いのはどちらですか。
      答 1.収入が少し減っても、労働時間が短くなる方が望ましい  52
        2.労働時間が少し長くなっても、収入が増える方が望ましい 45
        3.答えない                        3
     
    Q あなたは、今の日本の社会で、長時間労働について、どう思いますか。
      答 1.大いに問題だ    42      4.全く問題ではない  1
        2.多少は問題だ    48       5.答えない    1
        3.あまり問題ではない 7
     
    Q 一般に、長時間労働の原因は何だと思いますか。3つまで選んで下さい。
      答 1.仕事の量が多すぎるから          46
        2.仕事を代わってくれる人がいないから    35
        3.仕事の進め方が非効率だから        29
        4.取引先や客が過剰なサービスを要求するから 32
        5.職場に長時間労働を評価する風潮があるから 33
        6.自分の仕事を終えても帰りにくいから    19
        7.収入が少なく、長く働かざるを得ないから  27
        8.国の法律が整備されていないから      17
        9.労働基準監督署の取り締まりが不十分だから 26
        10.その他                  3
        11.答えない                 1
     
    Q あなたは、悪質な長時間労働をさせた企業に対する罰則を、厳格に適用することに、賛成ですか、反対ですか。
      答 1.賛成 90   2.反対 8   3.答えない 2
     
    Q 柔軟な働き方の一つとして、自宅など、会社以外の場所で仕事をする制度を導入する動きがあります。あなたは、こうした制度が、もっと広まるべきだと思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 72   2.思わない 27   3.答えない 2
     
    Q 今の日本の社会で、非正規雇用は、労働者全体の4割近くを占めています。あなたは、この状態を、どう思いますか。
      答 1.大いに問題だ    49     4.全く問題ではない 1
        2.多少は問題だ    40     5.答えない     1
        3.あまり問題ではない 8
     
    Q あなたは、正規社員、非正規社員を問わず、能力や成果、勤続年数が同じ場合には、同じ賃金を支払うべきだと思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 71   2.思わない 27   3.答えない 1
     
    Q 介護を理由に仕事を辞める人は、年間10万人に上るとされています。あなたは、介護離職を減らすため、国による経済的な支援がもっと必要だと思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 92   2.思わない 6   3.答えない 1
     
    Q あなたは、女性の結婚や出産と、働き続けることの関係について、どうするのがよいと思いますか。
      答 1.子どもができても仕事を続けるのがよい               38
        2.子どもができたら仕事を辞め、大きくなったら再び仕事をするのがよい 51
        3.子どもができたら仕事を辞め、専業主婦になるのがよい        3
        4.結婚したら仕事を辞め、専業主婦になるのがよい           1
        5.その他                              3
        6.答えない                              4
     
    Q 子どものいる女性が働き続けるうえで、妨げになると思うものを、3つまで選んで下さい。
      答 1.夫の理解や支援が十分でない            35
        2.親や親族からの支援が十分でない          9
        3.保育施設などが不足している            68
        4.出産休暇や育児休暇など、職場の制度が整っていない 50
        5.上司や同僚など、職場の理解が十分でない      41
        6.近所づきあいが減り、地域の支えがない       8
        7.「女性は家庭を守るべきだ」という風潮がある    12
        8.国や自治体の施策が十分でない           38
        9.その他                      1
        10.とくにない                    2
        11.答えない                     2
     
    Q 家事や育児などに専念する専業主婦に対する年金や税制について、あなたの考えに最も近いものを、1つ選んで下さい。
      答 1.もっと手厚く保護すべきだ       49
        2.保護を削減して、社会参加を促すべきだ 15
        3.今のままでよい            33
        4.答えない                2
     
    Q あなたご自身は、何歳ぐらいまで働きたいと思いますか。
      答 1.60歳未満 18   5.75歳以上      10
        2.60~64歳 30   6.働きたいと思わない 4
        3.65~69歳 25   7.答えない      1
        4.70~74歳 12
     
    Q あなたご自身は、生活のために、何歳ぐらいまで働く必要があると思いますか。

      答 1.60歳未満 10   5.75歳以上    13
        2.60~64歳 29   6.働く必要はない 3
        3.65~69歳 29   7.答えない    1
        4.70~74歳 14
     
    Q 国は現在、原則として、単純な労働に就くことを目的とした外国人労働者の入国は認めず、専門的な技術や技能などを持った外国人労働者の入国は認めています。このことについて、あなたの考えに最も近いものを、1つ選んで下さい。 
      答 1.外国人の移民を認めたり、永住権付与の対象を広げたりすべきだ 12
        2.職種を問わず、労働目的の外国人の入国は積極的に認めるべきだ 22
        3.今のままでよい                       47
        4.外国人労働者の入国はもっと制限すべきだ           16
        5.答えない                           2
     
    Q 人工知能(AI)の普及が、人間の働き方に与える影響について、あなたの考えに近いのはどちらですか。
      答 1.仕事の効率が上がる期待の方が大きい  59
        2.人間の仕事が奪われる不安の方が大きい 37
        3.答えない               4

    2017年04月25日 13時51分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP