文字サイズ

    「読売・早大共同世論調査」

    2017年7~8月 読売新聞・早稲田大学共同世論調査 (郵送全国世論調査)
    ▽対象者:全国有権者3000人(層化二段無作為抽出法)
     方 法:郵送自記式、2017年7月3日調査票郵送、8月7日返送締め切り
     有効回答:1963人(回答率65%) 
     ※選択肢の右の数字は%、小数点以下四捨五入。0は0.5%未満。
    Q あなたは、安倍内閣を、支持しますか、支持しませんか。 
     答 1.支持する 43  2.支持しない 50
       3.その他 4   4.答えない  4
    Q 第2次安倍内閣が発足して4年半が経ちました。安倍内閣のこれまでの仕事ぶりについての評価をお聞きします。最も良い評価を10、最も悪い評価を0、中間を5として、あなたの評価に最も近い数字を○で囲んで下さい。
         平均 
      答  4.8
    Q 次に挙げる政策課題で、あなたが安倍内閣の取り組みを評価できると思うものを、いくつでも選んで下さい。
     答 1.景気や雇用              32   
       2.医療や年金、介護など社会保障     11     
       3.財政再建               7     
       4.外交                 35     
       5.安全保障               17     
       6.原発などエネルギー政策        5     
       7.憲法改正               12     
       8.TPPなど外国との通商交渉      17     
       9.震災復興や防災対策          19     
       10.テロ・治安対策            15     
       11.少子化対策や子育て支援        10 
       12.教育                 4     
       13.働き方改革              12    
       14.環境問題               4     
       15.東京五輪・パラリンピックの開催準備 11     
       16.貧困や格差の解消           3     
       17.地方の活性化             6     
       18.その他                1     
       19.とくにない              26    
       20.答えない               2

    Q あなたは、安倍首相に、いつまで首相を続けてほしいと思いますか。
     答 1.すぐに退陣してほしい             23   
       2.自民党総裁の今の任期が切れる2018年9月まで  41    
       3.自民党総裁の次の任期が切れる2021年9月まで  16    
       4.なるべく長く続けてほしい           14      
       5.その他                     1      
       6.答えない                    4  
    Q あなたは、今、どの政党を支持していますか。1つだけ選んで下さい。
     答 1.自民党    33   7.社民党          1      
       2.民進党    6   8.日本のこころ       0      
       3.公明党    4   9.その他の政党        1      
       4.共産党    3   10.支持している政党はない  48   
       5.日本維新の会 3   11.答えない         1
       6.自由党    1     
    SQ 【質問対象=前問の答えが「1」~「9」の人だけ】
     あなたは、今後もずっと、その政党を支持すると思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 69    2.思わない 29    3.答えない 2
    SQ 【質問対象=前問の答えが「10」の人だけ】
     あなたは、今後もずっと、どの政党も支持しないと思いますか、思いませんか。
      答 1.思う 38    2.思わない 61    3.答えない 1
    Q あなたは、今の国の政治に、関心がありますか、ありませんか。
      答 1.関心がある     27   4.関心がない    4    
        2.ある程度関心がある 50   5.答えない     1
        3.あまり関心がない  18     
    Q 政治について3つの意見があります。これらについて、あなたはどのようにお感じになりますか。賛成でしょうか、反対でしょうか。それぞれについて、この中から1つずつ選んで下さい。 
    A 政党があるからこそ、国民の声が政治に反映されるようになる
      答 1.賛成         17    2.どちらかといえば賛成 57 
        3.どちらかといえば反対 21    4.反対        4  
        5.答えない       1 
    B 選挙があるからこそ、国民の声が政治に反映されるようになる
      答 1.賛成         39    2.どちらかといえば賛成 49  
        3.どちらかといえば反対 8    4.反対         3  
        5.答えない       1 
    C 国会があるからこそ、国民の声が政治に反映されるようになる
      答 1.賛成         24    2.どちらかといえば賛成 50  
        3.どちらかといえば反対 20    4.反対         5  
        5.答えない       2
    Q 一般的に言って、あなたは、ときどき、与党から野党へ、政権が交代する方がよいと思いますか、交代しない方がよいと思いますか。
     答 1.交代する方がよい 64     2.交代しない方がよい 34
       3.答えない     2
    Q あなたは、近い将来、与党から野党への政権交代が起きると思いますか、そうは思いませんか。
     答 1.そう思う 37    2.そうは思わない 62    3.答えない 2
    Q 今後の日本の政党政治のあり方として、あなたが最も望ましいと思うものを、1つだけ選んで下さい。
     答1.1つの大きな政党と、複数の小さな政党が存在する           10
      2.基本政策が大きく異なる2つの大きな政党と、複数の小さな政党が存在する53
      3.基本政策が似ている2つの大きな政党と、複数の小さな政党が存在する  26
      4.多数の小さな政党が存在する                      6
      5.その他                                1
      6.答えない                               4
    Q 政党の政権を担当する能力についておうかがいします。次の5つの政党それぞれについて、最も高い評価を10、最も低い評価を0、中間を5として、あなたの評価に最も近い数字を○で囲んで下さい。
               平均  
    答 A 自民党     5.9     
      B 民進党     3.3     
      C 公明党     3.8     
      D 共産党     2.7     
      E 日本維新の会  3.4
    Q 次に挙げるメディアについて、あなたはふだん、平均で1日どれくらいの時間接していますか。それぞれ選んで下さい。
    A 新聞 
     答 1.30分未満     45   2.1時間ぐらい  30  
       3.2時間以上     3   4.全く読まない  21    
       5.答えない     1  
    B テレビ 
     答 1.30分未満     12   2.1時間ぐらい 36    
       3.2時間以上   50   4.全く見ない  2    
       5.答えない      0 
    C ツイッター、フェイスブック、LINE、個人のブログなど
     答 1.30分未満     29   2.1時間ぐらい 20    
       3.2時間以上    9   4.全く見ない  39   
       5.答えない      3 
    D インターネット上のニュースサイト  
     答 1.30分未満     37   2.1時間ぐらい 27      
       3.2時間以上     6   4.全く見ない  28     
       5.答えない      3
    Q あなたはふだん、政治の動きに関する情報を、主にどのようなメディアから得ていますか。いくつでも選んで下さい。
     答 1.新聞                          60     
       2.NHKテレビ                      59
       3.民放テレビ                       70  
       4.ラジオ                         16    
       5.雑誌                          8
       6.ツイッター、フェイスブック、LINE、個人のブログなど 17
       7.グーグル、ヤフーなどのポータルサイト          36    
       8.報道機関のニュースサイト                23    
       9.オピニオンサイト                    1   
       10.その他                         1   
       11.とくにない                       1   
       12.答えない                        0
    Q 次に挙げる意見について、あなたが賛成だと思うか、反対だと思うかを、それぞれ選んで下さい。
    A 管理職に占める割合など数値目標を定めて、女性の社会進出を進めるべきだ 
     答 1.賛成         21    2.どちらかといえば賛成 56   
       3.どちらかといえば反対 18    4.反対         4  
       5.答えない       1 

    B 法律を改正して、夫婦別姓を認めるべきだ
     答 1.賛成         12    2.どちらかといえば賛成 33  
       3.どちらかといえば反対 35    4.反対         19  
       5.答えない        1 
    C 社会保障などの行政サービスが多少手薄になっても、国民の税金負担は小さい方がよい 
     答 1.賛成         11    2.どちらかといえば賛成 31  
       3.どちらかといえば反対 46    4.反対         12   
       5.答えない       1 

    D 国民の経済格差が広がらないように、自由な経済競争はある程度制限すべきだ
     答 1.賛成         10    2.どちらかといえば賛成 52   
       3.どちらかといえば反対 29    4.反対         8  
       5.答えない       1 
    E 日本の防衛力をもっと強化すべきだ
     答 1.賛成         25    2.どちらかといえば賛成 43   
       3.どちらかといえば反対 24    4.反対         7   
       5.答えない       1 
    F 国際社会において、海外に派遣する自衛隊の役割を拡大すべきだ
     答 1.賛成         8    2.どちらかといえば賛成 29  
       3.どちらかといえば反対 47    4.反対         16  
       5.答えない        1 
    G 国際協調よりも自国の利益を優先すべきだ
     答 1.賛成         11    2.どちらかといえば賛成 46  
       3.どちらかといえば反対 37    4.反対         6  
       5.答えない        1 
    H 労働力として外国人を積極的に受け入れるべきだ
     答 1.賛成         8    2.どちらかといえば賛成 37  
       3.どちらかといえば反対 44    4.反対         10   
        5.答えない       1 
    I 政治リーダーは、自らの強い信念があっても、異なる意見があれば、妥協することは重要だ
     答 1.賛成         20    2.どちらかといえば賛成 60  
       3.どちらかといえば反対 16    4.反対         3  
       5.答えない        1 
    J 政治家は世論に左右されるのではなく、世論をリードしていくべきだ
     答 1.賛成         21    2.どちらかといえば賛成 49  
       3.どちらかといえば反対 24    4.反対         6  
       5.答えない       1 
    K 規制基準を満たした原子力発電所は、運転を再開した方がよい
     答 1.賛成         13    2.どちらかといえば賛成 28 
       3.どちらかといえば反対 29    4.反対         29  
       5.答えない        1
    Q 今の日本の社会は、人々の間の格差が大きいと思いますか、思いませんか。
     答 1.思う           36  2.どちらかといえば思う  43
       3.どちらかといえば思わない 17  4.思わない        3
       5.答えない          1
    ◆安倍首相が自民党総裁として、憲法改正の具体的な目標を示したことについておうかがいします。
    Q 憲法第9条について、戦争の放棄や戦力を持たないことなどを定めた今の条文は変えずに、自衛隊の存在を明記する条文を追加することに、賛成ですか、反対ですか。
     答 1.賛成 53    2.反対 44     3.答えない 3
    SQ【質問対象=前問の答えが「1」の人だけ】賛成する理由を、いくつでも選んで下さい。
     答 1.自衛隊の存在が憲法に違反する疑いを解消すべきだから     58  
       2.自衛隊は合憲だが、憲法の解釈や運用で対応するのは問題だから 40   
       3.戦争放棄が維持されるから                  39   
       4.今後も憲法改正がしやすくなるから              9   
       5.安倍政権のもとで、憲法改正を行うべきだから         13
       6.その他                            2  
       7.答えない                           1
    SQ【質問対象=前問の答えが「2」の人だけ】 反対する理由を、いくつでも選んで下さい。
     答 1.軍事大国への道を開くから                  49 
       2.自衛隊は憲法に違反しておらず、9条を改正する必要がないから 38  
       3.自衛隊を国防軍と位置づける憲法改正を行うべきだから     18  
       4.今後も憲法改正はしない方がよいから             35  
       5.安倍政権のもとで、憲法改正を行うべきでないから       35
       6.その他                            3 
       7.答えない                          1
    Q 安倍首相は、3年後の2020年に、改正した憲法の施行を目指す方針です。この時期について、あなたの考えに最も近いものを選んで下さい。 
     答 1.もっと早い方がよい     10    
       2.ちょうどよい        27    
       3.もっと時間をかけた方がよい 39    
       4.改正する必要はない     21    
       5.答えない           3 
    Q 次の5つの政党に対するあなたのお気持ちを、温度に例えて数字でお答え下さい。最も温かい場合を100度、最も冷たい場合を0度、温かくも冷たくもない中立の場合を50度として、0度~100度の間の数字で自由にお答え下さい。わからない場合は空欄で構いません。
                平均   
    答 A 自民党    49.5 度     
      B 民進党    30.4 度     
      C 公明党    33.2 度     
      D 共産党    24.9 度     
      E 日本維新の会 31.1 度
    Q 前問と同じように、無党派層と呼ばれる人たちに対するあなたのお気持ちを、温度に例えて数字で自由にお答え下さい。
                 平均
     答   無党派層   38.8 度
    Q 前問と同じように、次にあげる現在や過去の政治家に対するあなたのお気持ちを、温度に例えて数字でお答え下さい。
               平均      
    答 A 麻生 太郎   39.1 度          
      B 安倍 晋三   47.0 度    
      C 石破  茂   47.0 度    
      D 岸田 文雄   40.2 度    
      E 小池百合子   54.9 度    
      F 小泉純一郎  55.1 度    
      G 小泉進次郎  54.2 度   
      H 志位 和夫  29.5 度      
      I 橋下  徹  45.0 度      
      J 鳩山由紀夫  20.8 度      
      K 松井 一郎  29.3 度      
      L 山口那津男  29.1 度      
      M 蓮  舫   29.5 度 
    Q 政治的立場を表すために、「保守的」とか「リベラル」という言葉が使われます。10がリベラル、0が保守的だとして、あなたの政治的立場はどこにあたりますか。また、5つの政党と、無党派層と呼ばれる人々の政治的立場はどこにあたると思いますか。それぞれ、最も近いと思う数字を○で囲んで下さい。
              平均    
    答 A あなた    4.9    
      B 自民党    4.2    
      C 民進党    4.9    
      D 公明党    4.1    
      E 共産党    5.0    
      F 日本維新の会 4.8    
      G 無党派層   4.9
    Q あなたご自身と5つの政党、無党派層について、改革志向の度合いはそれぞれどれくらいだと思いますか。最も強い場合を10、最も弱い場合を0、中間を5として、それぞれ、最も近いと思う数字を○で囲んで下さい。
               平均 
    答 A あなた    5.5    
      B 自民党    5.3    
      C 民進党    4.5   
      D 公明党    4.4    
      E 共産党    4.3   
      F 日本維新の会 5.2    
      G 無党派層   4.5
    Q 世の中には様々な考え方を持った有権者がいます。あなたご自身がお気持ちとしてその一員だと感じるものがあれば、AとBそれぞれの中から、いくつでも選んで下さい。
     答
      A  1.保守寄りの人たち    30       
         2.革新寄りの人たち    15        
         3.リベラル寄りの人たち  15          
         4.右寄りの人たち      7          
         5.左寄りの人たち      2          
         6.中道寄りの人たち    17          
         7.いずれでもない     30          
         8.答えない         6          
      B  1.自民党寄りの人たち   34        
         2.民進党寄りの人たち    8        
         3.公明党寄りの人たち    8        
         4.共産党寄りの人たち    6        
         5.日本維新の会寄りの人たち 8        
         6.無党派寄りの人たち   11        
         7.いずれでもない     37        
         8.答えない         5
    ◆2016年の参議院選挙から18歳選挙権が導入されたことに関しておうかがいします。
    Q 政治や選挙のことを高校生に教えるうえで、主な役割を担うべきなのは、次のそれぞれを比べた場合、どちらだと思いますか。
     A 行政や公務員と、政党や政治家だと、どちらですか。 
     答 1.行政や公務員    44   2.政党や政治家 19    
       3.どちらともいえない 35   4.答えない    2  

    B 学校と家庭だと、どちらですか。  
     答 1.学校        43   2.家庭       23  
       3.どちらともいえない 33   4.答えない      2 
    Q 政治や選挙のことを高校生に教える場合、仕組みだけにすべきだと思いますか。それとも、仕組みだけでなく、意見の分かれる政策課題まで取り上げるべきだと思いますか。学校、家庭それぞれについてお答え下さい。
    A 学校
     答 1.仕組みだけ     35  2.政策課題まで 49 
       3.どちらともいえない 14  4.答えない    2  
    B 家庭 
     答 1.仕組みだけ     25   2.政策課題まで 47 
       3.どちらともいえない 26   4.答えない    2 
    Q あなたは、衆議院の選挙制度は、どうあるのが望ましいと思いますか。次の中から、あなたの考えに最も近いものを、1つだけ選んで下さい。
     答 1.全て小選挙区にする                 33    
       2.小選挙区と比例代表を組み合わせる今の制度でよい   36    
       3.全て比例代表にする                 6  
       4.1つの選挙区から複数の人が当選する中選挙区制にする 20
       5.その他                       1    
       6.答えない                       5
    Q 参議院での「1票の格差」を縮小するために、人口が少ない一部の県の選挙区を統合・再編する「合区」が導入されています。あなたは、今後、参議院の選挙区をどうするのがよいと思いますか。次の中から、あなたの考えに最も近いものを、1つだけ選んで下さい。
     答 1.必要に応じて「合区」を作る今の制度でよい      45    
       2.以前のように、1都道府県を1選挙区とする制度に戻す 26    
       3.地域ブロック単位の選挙区に再編する         18       
       4.すべて比例代表選挙にする              5
       5.その他                        0    
       6.答えない                       6

     

    2017年08月14日 10時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP