文字サイズ

    2017年11月 第4次安倍内閣発足緊急電話全国世論調査

    本社緊急全国世論調査結果(数字は%)
    =質問文一部要約=
    選択肢を読みあげた質問は末尾に※印
    ( )内の数字は前回10月23~24日の結果
    ◆あなたは、安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。
    ・支持する  52(52) ・その他  0( 2)
    ・支持しない 40(37) ・答えない 7( 8)
    ◆今、どの政党を支持していますか。
    ・自民党  42(43) ・自由党  -( 0)
    ・立憲民主党14(14) ・社民党  0( 1)
    ・希望の党  5( 5) ・民進党   2( 1)
    ・公明党   3( 4) ・その他   0(-)
    ・共産党   3( 3) ・支持する政党はない 25(24)
    ・日本維新の会2( 2) ・答えない  3( 3)
    ◆安倍内閣の経済政策を、評価しますか、評価しませんか。
    ・評価する  45
    ・評価しない 42    ・答えない 13
    ◆衆院選後に発足した第4次安倍内閣で、安倍首相が、すべての閣僚を再任したことを、評価しますか、評価しませんか。
    ・評価する  45
    ・評価しない 39    ・答えない 15
    ◆今後、安倍内閣に優先して取り組んでほしい課題を、次の中から、いくつでも選んで下さい。※
    ・景気や雇用            62
    ・消費税など税制改革        44
    ・年金など高齢者向け社会保障    60
    ・子育て支援や教育の無償化     55
    ・北朝鮮問題など外交や安全保障   62
    ・原発などエネルギー政策      42
    ・働き方改革            34
    ・憲法改正             28
    ・森友学園や加計学園を巡る問題   41
    ・その他               0
    ・とくにない             1
    ・答えない              1
    ◆北朝鮮は、核実験やミサイルの発射を繰り返しています。こうした行為をやめさせるため、国際社会は、北朝鮮との対話をより重視すべきだと思いますか、それとも、経済制裁など圧力をより重視すべきだと思いますか。
    ・対話重視 48
    ・圧力重視 41     ・答えない 11
    ◆安倍首相は、来年9月に、自民党総裁としての任期を終えます。あなたは、安倍首相が、来年9月以降も、首相を続けることに、賛成ですか、反対ですか。
    ・賛成 43 ・反対 46 ・答えない 11
    ◆国会で与野党が質問できる持ち時間は、野党に手厚く配分するのがよいと思いますか、それとも、各政党の議席数に応じて配分するのがよいと思いますか。
    ・野党に手厚く配分するのがよい   47
    ・議席数に応じて配分するのがよい  40
    ・答えない             14
    ◆国会は、憲法改正の具体案について結論を出すよう、議論を進めるべきだと思いますか、その必要はないと思いますか。
    ・議論を進めるべきだ        62
    ・その必要はない          28
    ・答えない             10
    ◆衆院選の結果を受け、希望の党の中から代表の小池百合子東京都知事を批判する声が出ていることを、理解できますか、理解できませんか。
    ・理解できる  64
    ・理解できない 29   ・答えない  7
    ◆民進党が、希望の党への合流を見送り、党の存続を決めたことを、評価しますか、評価しませんか。
    ・評価する  46
    ・評価しない 38    ・答えない 16
    ◆自民党に対抗する野党の連携について、次の3つの中から、あなたが最も望ましいと思うものを1つ選んで下さい。※
    ・共産党を含む野党が連携した方がよい30
    ・共産党を除く野党が連携した方がよい32
    ・野党が連携する必要はない     28
    ・答えない              9
    ◆今後の野党の再編についてどう思いますか。次の4つの中から、あなたが最も望ましいと思うものを1つ選んで下さい。※
    ・立憲民主党を中心に再編する    35
    ・希望の党を中心に再編する     10
    ・民進党出身の議員が再び1つの政党にまとまる 13
    ・再編する必要はない        32
    ・その他  0      ・答えない 10
     -----------------
    【調査方法】11月1~2日に、コンピューターで無作為に作成した固定電話と携帯電話の番号にかけるRDD(Random Digit Dialing)方式で18歳以上の有権者を対象に実施。固定では有権者在住が判明した868世帯の中から536人、携帯では応答のあった1225人の中から553人、計1089人の回答を得た。回答率は固定62%、携帯45%。小数点以下四捨五入。グラフや表の数値は、合計が100%にならないことがある。0は0.5%未満。-は回答なし。

    2017年11月03日 05時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集