文字サイズ
    どうぶつ

    (3・終わり)TNRでノラ猫のケンカが減り穏やかに

    公益財団法人どうぶつ基金理事長 佐上邦久

    福岡県北九州市の離島・馬島の活動

    • 公益財団どうぶつ基金提供
      公益財団どうぶつ基金提供

     福岡県北九州市の馬島は、小倉から連絡船で20分、人口40人、猫80匹の小さな島です。糞尿やさかりの鳴き声の苦情解決のために地元ボランティアは最初、北九州市行政に無料で地域猫の不妊手術を要請しましが、市の対応は「ノー」。

     理由は「島の猫はエサを与えている人がいて飼い主不明と言い切れない。よって地域猫とはいえない」というものでした。そこでどうぶつ基金の獣医療チームが2日にわたって79頭の不妊手術を行いました。以下は島からの事後報告です。

     2014年12月13~14日に福岡県北九州市の離島・馬島で猫79頭の一斉TNRを終え、TNRは猫好きよりもむしろ猫が嫌いな人にこそメリットがあるのではないかと思うようになりました。

     それから半年後には、猫たちのおしっこで目も開けられないほど臭かった渡船所待合室のにおいがだいぶ減り、島民の方から「ありがとう」と感謝の言葉をいただくこともあります。

     また、手術後発情ストレスがなくなった猫たちは、プロレスごっこのようなじゃれ合いはしますが、流血するような激しいけんかはしなくなりました。島民の方によると「春先に気味の悪い鳴き声がしなくなった」そうで、以前は生傷が絶えなかったオスの成猫の顔に少しずつカサブタができて、会うたびに顔つきが穏やかになっているのはとてもうれしいことです。

     現在は、有志で必要量の餌を支援しながら、毎月1~2回ほど島へ通って猫たちの健康チェックや掃除などを行っています。「ぶっつけ本番」のTNRの現場では大変なこともたくさんありましたが、道路の真ん中で仰向けに寝転び「開き」になって、安心しきって昼寝する島猫たちを見ていると、報われる気がします。これからも馬島が「さくらねこ」にとって平和であるように、できる限りのことを続けていきたいと思います。(竹下雅美 大切な猫たちプロジェクト in 馬島 代表)

    徳之島ごと、さくらねこTNRプロジェクトって?

    • イラスト=公益財団どうぶつ基金提供
      イラスト=公益財団どうぶつ基金提供

     鹿児島県奄美群島の世界自然遺産登録への取り組みとして、徳之島3町からの申請を受け、行政と協働し、猫の捕食によるアマミノクロウサギ絶滅の保護措置のために、徳之島に生息する全ての猫(推定3000頭)に、さくらねこ無料不妊手術を行う一大プロジェクトが発足しました。

     アマミノクロウサギは、いまや地球上で奄美大島にわずか4000匹、徳之島にはたった200匹だけしかいなくなってしまい環境省も絶滅を危惧する生きた化石と呼ばれる珍獣です。

    2015年09月29日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!