文字サイズ
    文化

    ハロウィーンが日本で大ブレイクのナゼ?

    メディア局編集部 後藤裕子
     ハロウィーンといえば、“Trick or Treat(トリック・オア・トリート)”で知られる、欧州発祥のお祭りだ。収穫祭の日、お化けに ( ふん ) した子どもたちが「お菓子をくれないと、いたずらするぞ」と言いながら、近所の家々をまわってお菓子をねだる行事だった。ところが、日本のハロウィーンは仮装を楽しむ若者中心に、独自の進化を遂げている。日本ではいったい何が起こっているのか!?

    ついにバレンタイン市場を追い抜く

    • 2014年に開催された「ROPPONGI HALLOWEEN」
      2014年に開催された「ROPPONGI HALLOWEEN」

     昨年のハロウィーンでは、顔に血糊(ちのり)を塗ったゾンビや魔女、アニメのキャラクターに扮した若者が繁華街に繰り出し、各地で行われた華やかな仮装パレードが練り歩く沿道は数万人の見物客であふれかえった。テーマパークから飲食業界、百貨店、地方の商店街まで、ハロウィーン商戦も大いに盛り上がった。

     その経済効果も年々増加し、日本記念日協会(長野県佐久市)の推計では、2010年には380億円だったハロウィーン市場は、14年に1100億円と約3倍に拡大。ついに、バレンタイン市場1080億円を追い抜いた。今年は1220億円が見込まれているという。

     ここ数年、ハロウィーンは日本のイベントとして、じんわりと定着してきた。それでも、クリスマスやバレンタインデーに比べると、まだなじみが薄い感があった。ところが昨年、国民的イベントと呼べるほど急速に盛り上がった。

     そもそも日本人は“イベント”や“流行”に弱い。サッカー日本代表のワールドカップ出場が決まったとき、渋谷の交差点は興奮状態の若者で埋め尽くされ、DJポリスまで登場して、お祭り騒ぎだった。記憶に新しいのは、ラグビーフィーバーだろう。ラグビー日本代表が初戦で南アフリカに歴史的勝利を収め、それまでラグビーにまるで興味がなかった“にわかファン”が急増した。

     クリスチャンでもないのにクリスマスを祝い、バレンタインには義理チョコを配りまくる。日本人は悪く言えば節操がなく、よく言えば柔軟な国民性を持っているのだ。

     ハロウィーンは古代ケルト人の収穫祭が起源だが、すでにアメリカでは人種や民族を問わず楽しめるイベントとして商業化されている。アメリカで流行(はや)ったものは、必ず日本でも流行り出す。アメリカ発信のハロウィーンイベントは、あっという間に日本人に取り込まれ、独自の進化を遂げ始めたのだ。

    大規模な仮装パレードが定着

     「今年はどんな仮装をしようか」。10月になると、こんな会話がふつうに聞こえてくるほど、若者の間ではハロウィーンの仮装は定着している。日本でハロウィーンをここまで広めたのは、まさに“仮装”にあるといえる。

     コスプレは“オタク”たちが築き上げたオタク文化だ。一般人はコスプレに興味があっても、なかなか境界線を超えられなかった。ところがハロウィーンイベントのおかげで、コスプレはオタク文化から解放され、みんなで正々堂々と楽しめる娯楽になったのだ。

    • 六本木のパレード風景と「ROPPONGI HALLOWEEN」のポスター
      六本木のパレード風景と「ROPPONGI HALLOWEEN」のポスター

     日本での”事始め“を探っていくと、1983年、東京・原宿の雑貨店「キデイランド」が始めた日本初といわれる仮装パレードに行き着く。97年からは、東京ディズニーランドが「ディズニー・ハロウィーン」を開催し、認知度は一気に高まった。今年で19回目を迎える「カワサキ ハロウィン」(川崎市)も同年から。年々イベント数は拡大し、今年は都市部だけでなく、地方でも多くの仮装パレードが開催される。

     日本記念日協会の加瀬清志代表理事の解説はこうだ。

     「日本のイベントで、こんなに急激に広まったケースは初めて。いま日本中の秋祭りが衰退し、御輿(みこし)の担ぎ手も減少している。家族でも参加しやすく、だれでも楽しめるハロウィーンが秋祭りの定番になりつつあるのでしょう」

     国内最大級のハロウィーンイベント「ROPPONGI HALLOWEEN(ロクハロ)」(六本木商店街振興組合)では今月25日、片側1車線を規制して、全長1.7キロメートルの仮装パレードを行う。

    • ロクハロではカボチャデザインのゴミ袋を配布、「六本木のゴミをカボチャに変身させる」というキャンペーンも実施すると話す、カリスマカンタローさん(右)と田中さん
      ロクハロではカボチャデザインのゴミ袋を配布、「六本木のゴミをカボチャに変身させる」というキャンペーンも実施すると話す、カリスマカンタローさん(右)と田中さん

     企画プランナー・田中寿さんは「ロクハロを始めたのは、六本木にもっと家族連れで来てほしかったから。六本木は大人だけの街というイメージを変えたかった」と話す。参加店舗でお菓子を配ったり、妖怪ウォッチのキャラクター「ジバニャン」を探したりするなど、家族で楽しんでもらうための仕掛けを用意した。

     総合演出には、人気ダンサーのカリスマカンタローさんを迎え、パレードにダンスを取り入れた。「DJの流す音楽にのって、プロのダンサーと一緒に踊る。ちょっとしたスター気分を味わえます」とカンタローさん。

     ロクハロ実行委員会調べによると、昨年は約8万2000人を動員した。このうち子どもの参加は2万人ほど。「六本木にこんなに子どもが集まったのは初めて。ハロウィーンはファミリーを取り込むきっかけに最適でした。今年はもっと集まるでしょうね」と田中さんは期待する。

     突如としてわき上がったブームに、日頃から敏感なアンテナを張っている企業も動き出している。

    2015年10月22日 13時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!