文字サイズ
    どうぶつ

    外国人も熱狂 フクロウからヘビまで 動物カフェブームの理由

    猫ライター 逸見 チエコ

    外国人観光客に人気の理由 「カワイイ・クールジャパン」

     世界で新規開店が続く猫カフェだが、“本場”である日本の猫カフェを訪ねる外国人も後を絶たない。台湾でアットホームなカフェとして誕生した猫カフェだが、日本独自の進化を遂げたことにより「カワイイ・クールジャパン文化」のひとつとして外国人に受け入れられたように感じる。

     前出のてづか氏の猫カフェにも海外からの客は多い。「浅草橋にあるためか、外国からのお客さまは多いほうだと思います。アメリカやヨーロッパからのお客さまは猫のかわいさに素直に感動します。“なんてかわいいんだ!”って叫んだり(笑)。一方、アジアからのお客さまは控えめで礼儀正しい人が多いですが、皆さん、猫を丁寧に扱ってくれますよ」

     旅行で訪れた外国人の声をチェックしてみると「猫を大切にしているところがいい」「自分の国ではもっと家畜的な扱いをしている。改めたい」などの感想があった(ニコニコ動画より)。

     日本の猫カフェブームは、世界の猫の「地位向上」に役立っているのかもしれない。

    フクロウ、ウサギ、ヘビなどの動物カフェブームの派生

     猫カフェが定番となった今、新たな形態のペットカフェも各地に誕生し、話題を呼んでいる。

    • フクロウのフクとネコのマリモが仲良く「イチャイチャ」する画像が大人気(大阪市北区「HUKULOU COFFEE」提供)
      フクロウのフクとネコのマリモが仲良く「イチャイチャ」する画像が大人気(大阪市北区「HUKULOU COFFEE」提供)
    • 「キリッ!」(東京・秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」で)
      「キリッ!」(東京・秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」で)

     そのひとつが大阪市北区にある「HUKULOU COFFEE」3階にある「猫カフェ おひる寝キャット」だ。このカフェには7匹の猫のほかに「フクくん」というフクロウがいる。先住猫にはシャーッといわれた子猫の「マリモちゃん」を、なんとキスで迎えたという逸話が残っている。

     それ以来、この2匹は「フクマリ」コンビと呼ばれ、2ショット画像は、ネットでも話題沸騰。日に何度か3階の「おひる寝キャット」内でお目にかかれるというのだからたまらない。

    • フクロウを手に乗せることもできる(東京・秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」で)
      フクロウを手に乗せることもできる(東京・秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」で)
    • 「こんばんは」(東京・秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」で)
      「こんばんは」(東京・秋葉原のフクロウカフェ「アウルの森」で)

    • 観光地ともあって、外国人にも大人気(写真=With BUNNY浅草店提供)
      観光地ともあって、外国人にも大人気(写真=With BUNNY浅草店提供)

     猫カフェに次いで店舗数が多いのは「ウサギカフェ」だ。扱いやすい上に飼育スペースも狭くて済むためだろう。東京・浅草にある「With BUNNY浅草店」(基本料金1人、1時間1500円から)は、26匹のウサギと広々としたスペースで戯れることができる。このカフェは2013年に開店。海外からの旅行客が約9割を占める外国人に人気の店だ。

     手触りの「モフモフ」を求めて猫カフェやウサギカフェ、フクロウカフェに行く人もいれば、爬虫(はちゅう)類の「ザラザラ」を求める人もいる。

    東京・渋谷の「Cafe&Snake 東京スネークセンター」(入場料1000円、ふれあい料540円)は、その名の通りヘビのいるカフェだ。以前、週末のみ期間限定でオープンしたのだが、あまりの人気ぶり(特に女性からの)に常設が決まったのだとか。この店ではヘビを「アテンダント」と呼び、特殊なケージに入れてテーブルに置き、間近で眺めながらフードやドリンクを楽しむシステムになっている。基本的にアテンダントを直接触ることは出来ないが、スタッフの監視のもとで一定時間のみ、決められたヘビと触れ合うことができる。

    • 外国人観光客と遊ぶウサギスタッフ(写真=With BUNNY浅草店提供)
      外国人観光客と遊ぶウサギスタッフ(写真=With BUNNY浅草店提供)
    • ウサギスタッフ(写真=With BUNNY浅草店提供)
      ウサギスタッフ(写真=With BUNNY浅草店提供)

    2015年11月19日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    スイーツに目がない

    あれもこれも全部食べたい