文字サイズ
    社会

    秋田の人食いグマ、主犯は凶悪「スーパーK」だ!

    NPO法人「日本ツキノワグマ研究所」理事長 米田一彦
     本当の“主犯”は別にいる! 秋田県鹿角市の山林でタケノコ採りの男女4人が相次いでツキノワグマに襲われ、死亡した衝撃的な事故。現地で射殺された雌グマについて、NPO法人「日本ツキノワグマ研究所」の米田一彦理事長(68)は、4人を殺害したクマではないと推測する。実は4人目の犠牲者が出た現場近くの農地を移動する体長約1メートル50、推定体重100キロの大型グマが目撃されており、これこそが人間を次々にあやめたクマではないか、と見ているのだ。そして最も恐ろしいのは、クマが突然、人間を食べ物として認識し始めた可能性すらあるというのである。東北の山地で一体、何が起きているのか。ツキノワグマ研究40年を超える米田理事長に緊急報告してもらった。

    3~4頭が人を食べた可能性

    • 射殺された雌のツキノワグマ
      射殺された雌のツキノワグマ

     今回の事件を聞いたとき、私は最初「若い雄グマ」によるものではないか、と感じた。

     6月10日午前、秋田県鹿角市十和田大湯の山林で、あおむけに倒れている女性の遺体が見つかった。秋田県警鹿角署は約150メートル離れた山道に止まっていた車の持ち主の70歳代女性と身元を確認。地元の猟友会員が同日午後、遺体発見現場から約20メートルにいたクマを見つけ、射殺した。

     このクマは体長約1メートル30で、年齢は6~7歳とみられる。胃の中から人体の一部が見つかったことから、4人を殺害したのはこのクマだという見方もあるが、私は疑問を持っている。

     実は、この付近では5月21、22、30日に60~70歳代の男性の遺体も見つかっている。秋田県警によると、死因は2人が失血死、もう1人が出血性ショック死の疑いで、被害女性を含め、遺体にはいずれもクマに襲われたとみられる傷があった。

     クマは年齢によって攻撃スタイルが異なる。2~3歳の幼いクマは下半身への攻撃が特徴的で、人に抱きつき()みついて離れず、被害者は失血のため徐々に死に至ることがある。子別れの時期である6月にこの事例が多い。

     しかし、今回はこの様子が見られなかった。そして、最後の被害女性が見つかってから3日後の13日午後、現場近くの農地を移動する体長1メートル50、推定体重100キロの大型のクマが目撃されている。このクマこそが“主犯”ではないかと私は考えている。鹿角市の頭文字を取って「スーパーK」と私が名づけたこの大型のクマ(おそらく雄)が4人を次々に襲い、殺害。射殺された雌を含めた3~4頭が遺体を食べた可能性がある。そして、複数頭のクマが人を食べている可能性のある点が、これまでの熊害とはまったく違う、異常事態といえるのだ。

     クマはふだん、タケノコやドングリなどを食べているが、まれに大型動物のカモシカを襲うこともある。しかし、めったに人間を襲うことはない。どのようにして人を食べるクマになるのかといえば、襲った遺体のそばにうずくまり、頭部や首から出血した血をなめているうちに興奮し、食害(人を食べること)に至る。人を襲ったクマは再び人を襲う危険性がきわめて高いため、見つけ次第射殺する必要がある。

     

     

    2016年06月17日 14時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP