文字サイズ
    生活

    ご注意! 中高年男性に忍び寄るコワーい足の病気

    医師、北青山Dクリニック院長 阿保義久
     日々の仕事で長時間、立ちっぱなし、座りっぱなしという読者の方は多いのではないだろうか? そのような人に発症しやすい疾患があるという。足の血管がぼこぼこと浮き上がり、むくみや痛みを伴うこともある「 下肢静脈瘤 ( かしじょうみゃくりゅう ) 」という疾患だ。女性に多いと言われるが、実は患者の約4割を男性が占める。いったん発症すると自然に治ることはないため、長く付き合わなくてはいけない厄介なものだ。「下肢静脈瘤」発症のメカニズムと上手な対策法について、北青山Dクリニックの阿保義久医師に解説してもらった。

    • 長時間の座りっぱなしに注意(写真はイメージ)
      長時間の座りっぱなしに注意(写真はイメージ)

     みなさんは日々の仕事などで長時間、立ちっぱなしや座りっぱなしで過ごしていませんか? 例えば教壇や厨房での立ち仕事、パソコンの前に張り付いてのデスクワークなどです。

     そのような方に、注意してほしい疾患があります。足の血管がぼこぼこと浮き上がって、むくんだり、だるくなったり、時には、足がつったり、痛みを生じたりする「下肢静脈瘤」というものです。

     この疾患は、女性に多いと言われていますが、実は中高年の男性にも多くみられます。男性の割合は全体の4割ほど(北青山Dクリニックの集計)に上ります。日本人の10人に1人が発症するという研究報告もあります。また、梅雨の時期に患者数が多いという傾向も見られるので、今の時期は特に注意が必要といえます。

     大切な足に苦痛が起こると、仕事がはかどらず、日常生活の質が損なわれることはもちろん、重症化して湿疹や潰瘍、血栓などが生じると治療をしても回復には時間がかかります。そういう意味では、正しい知識と対策法を理解しておくことが大切です。

    足の血管がぼこぼこに

     下肢静脈瘤とはどんな疾患なのでしょうか? 下肢というのは、足のことです。足は骨や筋肉などからなり、血管(動脈と静脈)が走っています。足の血管のうち、静脈には、筋肉の間などにある太い血管(深部静脈)と皮膚の表面付近にある比較的細い血管(表在静脈=太ももやふくらはぎなどにある)などがあります。

     下肢静脈瘤は、皮膚の表面を走る静脈に、深部静脈から血液が逆流してくることで発生します。大雨で大河から支流へ逆流してくるようなイメージです。実際に発症すると、血管が膨らみ、ぼこぼこと浮き上がってきて、文字通り「(こぶ)」のようになります。

    • 下肢の静脈のイメージ(筆者提供)
      下肢の静脈のイメージ(筆者提供)
    • 弁が開いているときと閉じているときのイメージ(筆者提供)
      弁が開いているときと閉じているときのイメージ(筆者提供)

    あなたは大丈夫? こんな人は発症しやすい

    • 皮膚の表面付近にある血管がぼこぼこと膨らむ(筆者提供)
      皮膚の表面付近にある血管がぼこぼこと膨らむ(筆者提供)

     下肢静脈瘤は女性の方が多く発症すると言われていますが、男性も人ごとではありません。特に中高年の男性の方は要注意といえます。

     最近、「血管の瘤が極端に大きくなって短パンがはけなくなった」「足首周辺の皮膚に潰瘍ができて痛くて眠れない」などの症状を訴えて来院される中高年男性が目立ちます。中高年の男性は、発症しても放置するためか、重症化してから受診する方が多いのです。

     下肢静脈瘤の発症には、主に三つの要因があると言われています。一つ目は「重力の影響」、二つ目は「血液を心臓に戻す筋力の低下」、三つ目は「血管が膨らみやすいか否か」です。このため、次のような方が発症しやすいと考えられます。

     (1)「重力の影響」…教師・調理師など長時間の立ち仕事をする人

     (2)「筋力の低下」…デスクワーク中心で座りっぱなしの人、運動不足の人、高齢者

     (3)「血管が膨らみやすい」…遺伝的に血管が壊れやすく、血栓ができやすい人

    2016年07月01日 09時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP