<速報> 連続企業爆破、大道寺将司死刑囚が拘置所で死亡
    文字サイズ
    国際

    南シナ海判決、強硬姿勢で面子失った習政権

    北海道大学公共政策大学院専任講師 西本紫乃
     習近平政権の対外強硬姿勢が、またひとつ中国外交に黒星をもたらした。南シナ海問題でオランダ・ハーグの仲裁裁判所が7月12日に出した判決は、中国の主張を国際法上の「根拠がない」として退ける厳しいものだった。これにより習政権の威信は大いに傷つき、国内外で厳しい立場に置かれることになった。習政権の「積極外交」はどこでつまずいたのか。北海道大学公共政策大学院専任講師の西本紫乃さんが解き明かす。

    ナイキのスニーカーに言いがかり

     「米国と日本が背後でフィリピンをそそのかしたからだ」
     「(フィリピン産の)干しマンゴーをボイコットしよう!」
     「沖ノ鳥島について中国も提訴して、日本の野心を打ち砕け」

     今回の判決に対して中国国内のネット上では議論が沸騰している。判決は「九段線」で囲んだ海域は主権が及ぶとする中国の主張は国際的に認められないとする厳しい内容だった。これに対する中国国内の反応は二つに分かれている。

     習政権の外交失敗と冷静に受け止める人たちと、上記の例に挙げたように愛国心を刺激されて勇ましい主張を繰り広げる人たちだ。

     ここ数年、メディア規制の強化を受けて、なるべく政治的な話題には触れないようにしてきた中国の一般市民も今回は議論に加わった。

     大連の地下鉄では12日夜、中国が米国によって不当に陥れられたとして今回の判決の内容に不満をもつ若者が、ナイキのスニーカーを履いていた男性に言いがかりをつけて車内で殴り合いが発生、その動画が注目を集めた。

     判決が公表された12日前後、北京市は市の各機関に対して、インターネット情報の管理やデモ行為など愛国心を刺激された市民による突発的な事態に備えるよう緊急通達を出した。北京大学でも、学生たちが判決に反対し中国政府を支持する集会やデモなど過激な行為に及ばないよう注意を促す通達が出されたという。

    国外でも国内でも面子失う

    • 車内の殴り合いを撮影した動画(VOA=ボイス・オブ・アメリカ中国版のサイトより)
      車内の殴り合いを撮影した動画(VOA=ボイス・オブ・アメリカ中国版のサイトより)

     中国政府は今回の結果に対して、あらゆるメディアを動員してこれに反発する政治宣伝を展開している。その一方で、中国政府を支持する世論が起こることも警戒している。国民のナショナリズムが刺激されることも、今の中国にとってはリスクなのだ。

     中国政府が終始一貫して強硬な姿勢をとったことが災いし、国際社会からは非難を浴び、国内でも政権に対する国民の信頼が揺らぐ事態を招いてしまった。

     判決をはねつければ対外的な面子(めんつ)が傷つき、判決を受け入れれば国民に向けた面子が立たない。今回、中国はどちらにしても面子を失う苦しい立場に立たされてしまった。

     中国政府にとって、国の外と内から威信に傷がつくという点では、1989年の天安門事件以来最大の打撃である。なぜこうした事態に陥ってしまったのだろうか。

    2016年07月19日 17時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP