文字サイズ
    IT

    孫正義が命運託す「IoT」の現実と未来

    IoTコンサルタント 小泉耕二
     あらゆるモノがインターネットにつながり、さまざまなデータをやりとりする「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」を巡る主導権争いが今、世界中で本格化している。ソフトバンクグループは先月、日本企業としては過去最大の約3.3兆円で英半導体設計大手「ARM(アーム)ホールディングス」を買収することを明らかにした。ソフトバンク・孫正義社長の目的は、優れた半導体設計技術を擁するとされるARM社の買収により、今後の成長が見込まれるIoT分野で優位に立つことだという。孫氏が狙いを定める「IoT」の現実と将来像について、IoTコンサルタントの小泉耕二氏が解説する。

    2020年、500億個のモノがネット接続

    • ARMホールディングス買収について記者会見するソフトバンクグループの孫正義社長(ロンドン市内で、7月18日)
      ARMホールディングス買収について記者会見するソフトバンクグループの孫正義社長(ロンドン市内で、7月18日)

     ソフトバンクグループの孫正義社長が先日、英ARM社を買収すると発表し、大きな話題を呼んだ。今後、世界的に大きな広がりを見せるIoTへの期待から、買収額は約3.3兆円にも及ぶという。これには誰もが驚いたことだろう。 

     それにしても、孫氏はなぜ、こんな破格の金額を出してまでARM社を買収するのだろう。それは、ARM社を傘下に収めれば、世界的な成長分野のIoTで主導権を握れるとの思惑があるからだ。 

     米IT企業のシスコシステムズは、2020年には500億個のデバイス(モノ)がインターネットに接続すると試算している。現時点では世界にあるモノの99%はネットに接続されていないのだから、これから数年の間に、モノがネットに接続していく現象が爆発的に広がるということだ。

     そして、モノがネットにつながる際に必要となる主要部品に、ARM社の半導体設計技術が使われる可能性が高いと言われている。実際、ARM社が設計した半導体は現在もさまざまなモノに使われている。例えば、世界中の人々が利用しているスマートフォンの95%以上にARM社が設計した半導体が実装されているという。それで孫氏が、来る「IoT時代」のARM社の発展を見越して巨額買収を決断したと騒がれているのだ。

    外出先からエアコンや鍵を操作

     IoTの流れはおおむね次のようなものだ。モノに取り付けられたセンサー(温度センサー、照度センサー、人感センサーなど)で各種のデータを取得し、そのデータをクラウド(データを保存したり処理したりする外部サーバー)にアップロードする。クラウドに蓄積されているデータを人工知能(AI)などが分析し、その分析結果に基づいてモノが作動することで、ヒトに最適な情報やサービスなどをもたらす仕組みだ。こうした仕組みが至るところに張り巡らされるのが、将来の「IoTの世界」ということになる。

     そもそも、モノがネットにつながると、一体何が良いというのだろうか。イスがネットにつながったら? 机がインターネットにつながったら? どうだろう。多くの人が全くその良さをイメージできないのではないだろうか。 

    • エアコンや冷蔵庫など、家の中の家電が外出先からスマートフォンで操作できるようになる(写真はイメージ)
      エアコンや冷蔵庫など、家の中の家電が外出先からスマートフォンで操作できるようになる(写真はイメージ)

     よくある身近な例として挙げられるのは、家の中のさまざまなモノがネットにつながるということだ。テレビも、洗濯機も、冷蔵庫も、エアコンも、ライトもだ。さらには鍵もネットにつながるとされている。

     例えば、家から一定の範囲に家主が近づいたら、自動的にエアコンのスイッチが入り、夏の暑い日には事前に家の中を冷やしてくれる。さらにこのエアコンは、AIによって家主の生活サイクルを学習しており、電気料金の節約のため、ソーラーパネルなどで発電した電気を効率的に使うよう、賢くふるまうのだ。

     冷蔵庫もネットにつながっているから、外出先からでもスマホを使うと、例えば「納豆が切れている」といったことがわかる。音声を認識するマイクの付いた家電製品は、「居間の電気を消して」「好きな音楽をかけて」などと話しかけるだけで、指示通りに作動してくれる。

     ネットにつながっている鍵があれば、外出先からスマホで施錠、解錠ができるようになる。だから、鍵を忘れて出かけてしまった子供が、家の前で親の帰りを待つということもなくなる。こうした便利な生活がやってくる、というのが消費者向けIoTの世界だ。

    2016年08月05日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP