文字サイズ
    スポーツ

    アルピニストが説く「低山登山」の魅力と怖さとは?

    山岳ライター 廣川健太郎
     夏は過ぎ、秋の足音が聞こえてきました。軽装備でも気軽に山の紅葉を楽しめる「低山登山」の季節到来です。とはいえ、登山は登山。経験豊富なベテランでもあなどってはいけません。世界の氷壁に挑んできた日本屈指のアルパインクライマーで山岳ライターの廣川健太郎さんに、低山登山の魅力と意外な怖さを教えてもらいました。

    秋の行楽シーズン 標高800メートル程度の山がオススメ

     深まる秋。関東周辺ですと、9月後半には気温がどんどん下がっていきます。10月後半ともなると朝晩は肌寒さを感じますが、山では日中行動しても汗をかきにくく、快適です。中でも、標高500~800メートル程度の低山は寒すぎず、暑すぎず、また鉄道駅から直接アプローチできる便のよいところが多いため人気を集めます。秋から晩秋にかけては低山登山には打って付けの季節といってよいでしょう。

    日帰りで気軽に紅葉狩り…首都圏各地に「名所」

    • 栃木・奥日光の中禅寺湖周辺の紅葉
      栃木・奥日光の中禅寺湖周辺の紅葉

     首都圏からアクセスしやすい山としては、東京都の「奥座敷」、奥多摩や高尾山、神奈川県では丹沢山域、埼玉県では秩父山域などが挙げられます。紅葉の時期はそれぞれの山の高さや方位によって、少しずつ変わります。

     春の「桜前線」が南から北に上がっていくに対して、寒冷によってもたらされる秋の「紅葉前線」は北から南へ下ります。紅葉の始まりから終わりまでは、低地では約1か月程度、見頃は紅葉が始まってから20日目位までです。最低気温が氷点下となる山岳地帯では、紅葉後に落葉するまでの期間が短くなります。

     低地で紅葉が始まる時期は北海道、東北が10月、関東から九州は11月から12月初め頃までですが、首都圏近郊の800メートルクラスの低山では11月中旬から下旬が見頃となるところが多いです。

    2016年09月26日 09時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!