文字サイズ
    国際

    中国人エリートに東大も一流企業も食い尽くされる!?(前編)

    ジャーナリスト 中島恵
     来日する中国人たちの行動パターンが最近、変わりつつある。単に「爆買い」をしなくなったとか、日本文化を堪能する「体験型」観光への移行とかいった話ではない。東大や京大などへの進学をめざし、日本企業への就職を希望する中国人エリートが増えてきているというのだ。経済大国を自任するようになった中国人、なかでもエリートとされる人々がなぜ、日本を目指すのか。中国の取材を続ける中島恵さんが意外な事情を報告する。

    変貌する「爆買いの中身」

     もうはるか昔のことのように思えるが、2015年の流行語大賞に輝いたのは「爆買い」だった。それを象徴するように、同年の中国人観光客は約500万人に達した。日本政府観光局のデータによると、16年も前年を上回るペースで中国人観光客数は増加している。

     というと、一部の日本人から「えっ? もう中国人の爆買いブームは終わったんじゃないの?」という声が聞こえてくるが、そうではない。確かに、円安・元高という為替の追い風がなくなり、中国政府が海外で購入した高級品にかける関税を引き上げるなど、「爆買い」ブームの足を引っ張るような出来事が増えた気がするが、実際、中国人観光客は減るどころか増えているのだ。

     だが、「爆買いの中身」は16年になって大きな変貌を遂げていることをご存じだろうか?彼らが望むものは、日本のモノやサービスだけにとどまらない。私たちが想像もしていないほど広範囲にまで広がっているのだ。

     たとえば、日本の高級温泉旅館でゆっくりお湯に浸かり、茶道や華道の手ほどきを受け、スキーやダイビングに興じ、浴衣を着て花火大会を見物し、歌舞伎を鑑賞する――という具合だ。

     しかし、ここまでなら、すでにメディアなどを通じて「知っている」、あるいは街角でそういう中国人を「見かけたことがある」という人もいるかもしれない。中国人は経済的に豊かになったものの、中国ではまだ手に入らないものがたくさんあり、逆に日本には、中国には存在しないもの、魅力的なものがたくさんある。そこで、「体験型の観光」にまで食指を伸ばしているからだ。

     だが、話はそこで終わらない。日本人にはちょっと信じられない話だろうが、彼ら中国人の中でも、大学を卒業し、一流企業などに勤務する感度の高いエリートたちの間では、もっと深く日本にコミットしようとする“新しい動き”が静かに始まっているのだ。

     まどろっこしい言い方はやめよう。つまり、彼らの興味は、日本への短期滞在だけでは飽き足らず、「日本の生活者となる」というところにまで移行してきているというのがこの記事の主題だ。

    2016年10月06日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    今月の特集「みんなにHappy Christmas!!」

    幾つになっても楽しいクリスマス