文字サイズ
    経済

    しまむらが若い女性にパトロールされるワケ

    ファッション流通コンサルタント 齊藤孝浩
     低価格路線のカジュアル衣料チェーン「しまむら」が、節約志向の強い消費者の支持を集めている。最近では、若い女性がしまむらの店舗を巡って掘り出し物の商品を探し求める「しまパト(しまむらパトロール)」という言葉もあるほどだ。ファッション流通コンサルタントの齊藤孝浩氏が、消費者を ( ) きつける同社の販売戦略を分析する。

    “宝物探し”の結果をインスタで拡散

    • 主婦層や若年層に支持され、「しまラー」「しまパト」という言葉も生まれた(東京・江戸川区のホームズ葛西店)
      主婦層や若年層に支持され、「しまラー」「しまパト」という言葉も生まれた(東京・江戸川区のホームズ葛西店)

     しまむらが先頃発表した2016年第2四半期(2月21日~8月20日)連結決算は、売上高が前年同期比5.8%増の2810億円、営業利益が同40.6%増の251億円という大幅な増収増益であった。既存店売上高も前年同期比3.2%増で、昨年の冬以来、大苦戦が続くファッション流通業界の中で、同社の業績はまずまず好調と言えよう。特に、営業利益は第2四半期での過去最高益である。このまま通期の営業利益予測の462億円が達成できれば、通期でも過去最高益となる見込みだ。

     同社には、ベビー・子供用品店や靴専門店などいくつかの業態があるが、売上構成比の約80%を占めているのが、低価格の衣料と日用品の豊富な品ぞろえで主婦層や若年層に支持されている基幹業態「ファッションセンターしまむら」だ。

     「しまむら」が全国区で注目され始めたのは、09年のファストファッションブーム以降である。全国の郊外立地を主戦場としていたしまむらが、都心部への出店を進めるようになった。それに伴い、低価格ながら意外とおしゃれな商品が見つかるしまむらで衣料や服飾雑貨をそろえる「しまラー」と呼ばれる若い女性ファンがメディアで取り上げられる機会が増え、一躍、知名度が高まった。最近では、店頭で“宝物探し”を行い、「しまむらでこんなおしゃれな商品見つけました」という発見を画像共有サービス「インスタグラム」で拡散する「しまパト」が話題だ。

    【あわせて読みたい】
    業績不振・ユニクロは消費者に飽きられたのか?
    進撃続けるドン・キホーテに死角はないのか
    販売不振・老舗アパレルは「衣替え」が必要だ

    2016年11月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!