文字サイズ
    IT

    DeNAサイト休止、ネット検索の“盲点”とは

    (株)アイレップ SEM総合研究所長 渡辺隆広
     医療系サイト「WELQ(ウェルク)」、ファッションサイト「MERY」など、IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA、本社・東京都渋谷区)は、同社が運営する「情報まとめサイト」計10サイトを休止した。掲載する記事に誤りや無断転用などの問題があるとの指摘が相次いだためだ。背景に、インターネットサイトの人気を左右する検索システムの“盲点”と、そこを突こうとした利益最優先の企業体質があった。サイト検索の専門家・渡辺隆広さんが解説する。

     DeNAはキュレーションメディア(※)として運営する10サイトをすべて休止した。医療・健康記事の体裁を取りながら、肩凝りが「幽霊が原因のことも?」などと正確性や信頼性の乏しい記事を掲載したほか、他のサイトから無断で記事を転用したり、それらを組み合わせて一部だけ加筆・修正するなど、記事を粗製乱造していことが明らかになったためだ。

     当然、同社も閲覧者にとって価値が低い情報を作成しているという認識は持っていたはずである。それなのに、こうした行為を繰り返したのは、SEO(検索エンジン最適化)と広告の組み合わせが、大きな売り上げをもたらすからだ。

    ※キュレーションメディア…ある視点やテーマに沿って、ネット上から情報を収集し、分類、整理して共有することにより、新しい価値を持たせるメディアのこと。美術館において、展示する美術品の選定やその展示方法などを考える業務のキュレーター(curator)が由来。

    【あわせて読みたい】
    スマホ発火事故のサムスン、くすぶり続ける懸念
    急成長「メルカリ」人気の理由と“落とし穴”
    アップルが日本人好みのアイフォーン7を作ったワケ

    2016年12月09日 17時53分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!