文字サイズ
    文化

    日本の山には「何か」がいる!・・・続く『山怪』ブーム

    メディア局編集部 伊藤譲治
     山にまつわる不思議な話や体験談を集めた『 山怪 ( さんかい ) 』(山と渓谷社)が注目されている。刊行から約1年半で9万部を超えるなど、この種の出版物としては異例のベストセラーになっている。1月中旬には続編の『山怪  ( ) 』が出され、すでに3刷、3万5000部に達している。著者は、30年以上にわたって秋田の 阿仁 ( あに ) マタギなど各地の猟師を追い続けてきたフリーカメラマンの田中康弘さん(58)。なぜ『山怪』が受けているのか。出版の経緯を著者に聞くとともに、広く受け入れられている理由などを探った。

    雪の中に突然姿を現し、消えた「夜店」

    • 山には不思議な話が満ちている(写真はイメージ)
      山には不思議な話が満ちている(写真はイメージ)

     今から40年ほど前、秋田県・旧阿仁町打当内(うっとうない)(現・北秋田市)に住む泉健太郎さんが中学生の頃の話。クラブ活動で遅くなった泉さんは、学校からの帰路、打当内へと曲がる(つじ)に差しかかった。その辻の辺りは、昔から(きつね)住処(すみか)と言い伝えられている鬱蒼(うっそう)とした場所だった。

     ある冬の日、いつものようにとっぷりと日が暮れて暗くなった帰り道。雪明りだけが頼りの寒い日だった。いつものように辻に近づく。

     「本当にあそこは怖かったもんなあ、暗くてよ。でもあの日は、そこさ曲がって、ぱって前見て驚いたんだぁ」

     泉少年が見たものは明るい光の列だった。

     「いやあ、明るくてな。見たら夜店が出てるんだぁ。靴屋とか玩具屋とか五、六軒あったんじゃないかなあ。あれぇ、今日はお祭の日だったかなあって、しばらくその店を眺めてたんだぁ」

     雪の中に突然姿を現した明るい店に見とれていると、その光が急に消えた。まるでいきなり停電にでもなったかのようだった。

     「えっ?」

     泉少年が呆気(あっけ)にとられる。そこにはいつものように暗い雪景色が広がっているだけだった。

    (『山怪』収録の「楽しい夜店」から)

     「山怪」とは、山の怪異のこと。狐や(たぬき)に化かされた話、神隠し、臨死体験、人魂(ひとだま)や狐火、大蛇の目撃談などが『山怪』には53話、続編の『山怪 弐』では78話にまとめられている。副題は「山人が語る不思議な話」で、猟師や林業関係者、民宿経営者、修験者など、山に暮らす人々から取材した。多彩な怪異(たん)が集められていることから、「現代版遠野物語」とも呼ばれる。

    【あわせて読みたい】
    ・人気の北欧ミステリー、まず読みたいこの文庫10作!
    ・没後20年、ロングセラー続ける星野道夫の秘密
    ・祝・芥川賞 山下澄人「しんせかい」を読み解く
    ・人気マンガ「こち亀」終了 40年を振り返って

    2017年02月17日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP