文字サイズ
    経済

    ブーム拡大中 意外と知らない甘酒のヒミツ

    読売新聞調査研究本部主任研究員 中村宏之
     甘酒の消費が近年大きく伸びている。「お正月やひな祭りなどハレの日に飲む飲料」というイメージが強かった商品を、季節を問わずに通年で消費する動きが広がっている。健康志向の高まりや美容への関心が深まる中、ヘルシーな飲料としても注目されており、多様な業界を巻き込んで新製品が次々と登場している。読売新聞調査研究本部の中村宏之主任研究員が、当節の甘酒事情を探った。

    右肩上がりの売り上げ続く

    • ヘルシーな飲み物としても注目されている甘酒
      ヘルシーな飲み物としても注目されている甘酒

     最近、スーパーに足を運ぶと、数多くの甘酒が売られているのを目にするはずだ。価格帯も100円台から1000円を超えるものまで種類も豊富だ。複数を飲み比べてみると、さまざまな味わいがある。ただ、甘酒は子供の頃に少し飲んだ記憶がある程度で、大人になってから飲む機会はほとんどなかった――という人も多いかもしれない。しかし、今ある各種の商品を飲んでみると、「甘酒は老若男女を問わない、おいしいソフトドリンクである」と再認識するだろう。

     市場調査会社インテージ(本社・東京)のデータによると、甘酒の市場規模は年々拡大している。スーパーのレジを通過した甘酒販売額は、2010年に約32億7000万円だったのが、16年には約130億2900万円と急激に増えた。わずか6年間で、約4倍も売り上げが伸びたことになる。

     この調査がカバーしない流通分や、通信販売、全国各地の酒造会社や土産物店などが独自に販売している商品もあるため、実質的な市場規模はこれより大きいと見られている。

     甘酒はその製法で二つに分けられる。一つは米(こうじ)の働きで米のでんぷんをブドウ糖に糖化した甘酒であり、アルコール分は含まれない。もう一つは、酒(かす)を水で溶き、さらに砂糖を加えてつくる甘酒で、1%以下の微量ながら酒粕に由来するアルコールが含まれる場合がある。

     甘酒人気が高まっている背景には、11年頃に巻き起こった「塩麹ブーム」がある。江戸時代からある塩麹を塩代わりの調味料に使った調理法や商品が人気を集めた頃から、消費者が発酵食品全般に注目する流れができ、甘酒消費も伸びるようになった。

    【あわせて読みたい】
    「かっぱ」は浮かび上がれる?回転寿司業界の混沌
    小売店危うし!?アマゾンがもくろむ“消費者革命”
    打倒てんや!?セブン&アイが天丼店を開くワケ
    顧客争奪?セブンイレブン近くにセブンがある不思議

    2017年02月20日 13時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP