文字サイズ
    経済

    「ヤマトvsアマゾン」宅配危機に見た業界の隘路

    物流ウィークリー編集長 小西克弥
     宅配最大手のヤマト運輸が、宅配荷物の引受量の抑制や宅配料金の値上げ、時間帯指定配達の見直しなどに乗り出すことになった。アマゾンジャパンをはじめとするインターネット通販の拡大で急増した荷物に対応し切れなくなりつつあるためだ。宅配を含む運送業界の現場では今、何が起こっているのか。物流ウィークリー編集長の小西克弥氏が業界の実情と課題をリポートする。

    慢性的なドライバー不足

    • 指定した時間帯に荷物を配達してくれる宅配便は今や「当たり前」のサービスとなっているが……(写真はイメージ)
      指定した時間帯に荷物を配達してくれる宅配便は今や「当たり前」のサービスとなっているが……(写真はイメージ)

     日本人にとっては便利で「当たり前」になっている宅配便システム。だが、それが当たり前でなくなる日が近づいているようだ。

     近年のネット通販の拡大に伴う荷物量の増加は、もはや「異常」と言っていい。1995年に13億2800万個だった宅配便貨物は、2015年には37億4500万個にまで増加している。20年間で約24億個も増え、3倍近くになっているのだ。宅配事業者はこれだけの荷物を、配達時間帯の指定があれば、その時間帯に届けなければならず、荷受人が不在の場合には、再配達をする必要があるのだ。

     一方、宅配事業者に限らず運送業界は現在、慢性的な人手不足に悩まされている。その背景には、90年代以降、運送事業が免許制から許可制に、荷物の運賃が認可制から事前届け出制に変更されるといった規制緩和が進み、運送事業者の新規参入が激増したことがある。

    【あわせて読みたい】
    ・アマゾンに対抗?ツタヤとスタバ蜜月ぶりの理由
    ・小売店危うし!?アマゾンがもくろむ“消費者革命”
    ・最高益更新 「ゼネコン復活」のおもてウラ

    2017年03月17日 18時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!