文字サイズ
    生活

    ちょっと待って!プロならこんな保険は入らない

    ファイナンシャルプランナー 長尾義弘
     保険に入るのが当たり前――。世間ではこんなふうに考える風潮もある。就職、結婚、出産などをきっかけに保険選びを始める人も多い。ところが、今年4月から生命保険の標準利率の見直しが行われ、保険料が軒並み値上げされる。もしものために、という気持ちはもっともだが、不要な出費は避けたいもの。保険を選ぶポイントをファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏に解説してもらった。

    保険料が値上がり!

    • (画像はイメージ)
      (画像はイメージ)

     「保険に入っていると貯蓄代わりになる!」と言って保険を勧める人がいます。しかし、それが通用したのはバブル時代だけです。いまはマイナス金利の時代です。そんなにうまい話はありません。

     特にこの4月から保険料が2割近く上がります。保険料が上がるのは、終身保険、学資保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険です。掛け捨て型の保険料はあまり影響ありません。

     具体例を挙げて説明しましょう。死亡時に300万円を受け取れる終身保険に入ったとします。20年の払込満了時点で保険料払込総額は320万円ぐらいになる商品もあります。これでは、とても貯蓄とは言えないですね。

     ただ、死亡保険金には、「500万円×法定相続人の数」の非課税枠が設けられています。法定相続人が2人なら1000万円、3人なら1500万円までは相続税がかかりません。相続税対策として考えるなら、終身保険は非常に有効です。

    保険の意義とは?

     保険の本来の意義は、「滅多(めった)に起こらないけれど、万が一、起こった時の損失に備える」ということです。

     つまり、困った時に、お金で解決をするための手段が保険です。ですから「保障」と「貯蓄」は分けて考えましょう。

     まず、この点を踏まえた上で、保険の選び方を見ていきましょう。「保険のプロ」って、どんな保険に入っているのか、気になりませんか? 

     以前、ファイナンシャルプランナー(FP)の中でも、保険を専門に扱っているプロが集まる座談会がありました。

     そのとき話題になったのが、どんな保険に入っているかということでした。

    【あわせて読みたい】
    保険を見直す?悔やみきれない失敗続出
    死亡保険はムダ?「もしも」の確率は何%なのか
    老後にごほうび!ちゃっかり貯まるヘソクリ術

    2017年03月30日 12時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと