文字サイズ
    生活

    実は、潔癖性が「キレイ好き」じゃすまない危険

    精神科専門医、専門行動療法士 原井宏明
     おにぎりが食べられない、他人を自宅に入れられない、エレベーターのボタンを素手で触れない――。汚れや雑菌が気になって仕方がない「潔癖性」。キレイ好きと受け止められる風潮がある一方で、度が過ぎると生活に支障をきたすケースもあるという。過度な潔癖性になると、どのような問題があるのか。精神科医の原井宏明氏が解説する。

    潔癖こそが正しい?

    • つり革をつかめないという人も(画像はイメージ)
      つり革をつかめないという人も(画像はイメージ)

     「電車でつり革がつかめない」

     「よく拭いてからでないとマイクを握れない」

     「他人のつついた同じ鍋からは食べられない」

     最近、テレビなどで芸能人のこうした発言が目立ちます。周りから「どうして?」と聞かれると、「潔癖性だから」と胸を張り、共感を得ようとする様子も見受けられます。

     時の人で言えば、米国のトランプ大統領も潔癖性で知られています。自著の中で、見知らぬ人との握手を嫌い、“手洗いフリーク(狂)”だとしています。

     抗菌・除菌グッズが売れ筋商品になり、人が集まる場所に殺菌スプレーが置かれるようになれば、「潔癖こそが正しい」と思い込む人がいても不思議ではありません。

     その一方で、この“正しい潔癖さ”が当人や家族を苦しめる原因になることは、あまり知られていないようです。

     正しいと信じて始めた「潔癖さ」も、限度を超えると、苦しみに変わります。それが、「強迫症」です。「強迫性障害」「強迫神経症」「OCD(Obsessive Compulsive Disorder)」とも呼ばれます。

     これは、自分でもコントロールできない不快な考え(強迫観念)が頭に浮かび、それを振り払おうとして様々な行為(強迫行為・儀式)を繰り返してしまう精神障害です。その結果、日常生活に支障をきたす、あるいはまったく日常生活が立ち行かなくなってしまいます。

    【あわせて読みたい】
    ・実は、交通事故より多い家庭内の死亡事故
    ・名医はどこ…?新生活に効く病院の見つけ方
    ・日々疲れ果ててしまうのは「感情労働」のせい?

    2017年04月13日 10時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと