文字サイズ
    生活

    日本発のブランド、コム・デ・ギャルソンがすごい!

    読売新聞生活部 谷本陽子
     米国ニューヨークのメトロポリタン美術館で5月4日から、日本のファッションブランド「コム・デ・ギャルソン」のデザイナー、川久保玲さん(74)の展覧会が開かれる。 同美術館で毎年春から開催されるファッション展は、世界的な注目を集める。しかも、現役デザイナーの単独展は1983年のイブ・サンローランさん以来の快挙だ。川久保さんは、フランスの伝説的なデザイナー、ココ・シャネルに並んでファッションの歴史に残る女性デザイナーなのだ。
    (ニューヨークで)

    パリコレ 度肝を抜いた“穴あき服”

    • 川久保玲さん
      川久保玲さん
    • 1982年に発表された黒の穴あきセーター©PeterLindberg
      1982年に発表された黒の穴あきセーター©PeterLindberg

     まず、40年以上ファッション界で活躍し続ける川久保さんの経歴から紹介したい。1942年生まれ。慶応大学文学部の哲学科を卒業後、大手繊維メーカーの宣伝部に在籍した後、スタイリストとして活動を始めた。服作りを専門学校などで学んだ経験はない。撮影用の服を自分で作るようになり、69年から「コム・デ・ギャルソン」の名で婦人服製造・販売を始めた。73年に会社を設立。コム・デ・ギャルソンとは、フランス語で「少年のような」という意味だ。

     81年にパリに進出し、82年のパリコレクションで黒くて穴のあいた服や、体に沿わない“だぼだぼ”の服を発表。これらの服は、欧米のジャーナリストらの度肝を抜き、「黒の衝撃」と呼ばれた。当時、西洋では、カラフルで、女性のボディーラインを強調する服こそが主流だったからだ。欧米の新聞や雑誌などは「ボロルック」などと批判的に紹介した。

     しかし、ファッション界に与えた影響は大きかった。コム・デ・ギャルソンや、山本耀司さんによる「Y’s(ワイズ)」などが発表した黒い服はその後多くのデザイナーが提案するようになり、世界的な流行となった。日本でも当時、全身黒の装いが「カラス族」などと呼ばれ、社会現象となった。

    2017年05月01日 10時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP