文字サイズ
    IT

    ZOZOやメルカリにみるネット商取引の危うさ

    ITジャーナリスト 高橋 暁子
     インターネット通販(EC)サイトやフリーマーケット(フリマ)アプリなどのネット商取引に関するトラブルが相次いでいる。ネット商取引のトラブルの問題点と、巻き込まれないために消費者が注意すべきことについて、ITジャーナリストの高橋暁子さんが解説する。

    未成年者に降りかかる「ツケ払い」問題

    • ZOZOTOWNでは「ツケ払い」を簡単に利用できる。
      ZOZOTOWNでは「ツケ払い」を簡単に利用できる。

     スタートトゥデイ(千葉市)が運営するファッションECサイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」の「ツケ払い」が問題となっている。ZOZOTOWNでは、商品代金の支払い方法をクレジットカード払いや代金引換、ツケ払いなどから選べる。ツケ払いとは、代金を支払う前に商品が届き、支払いを最大で2か月遅らせることができる仕組みだ。上限は税込み5万4000円までで、手数料は1回につき324円。現金が手元になくても、2か月以内にコンビニエンスストアや銀行に代金を振り込むことを手続きの中で「約束」すれば購入できるため、クレジットカードを持たない若年層を中心に利用が増えている。

     この支払い方法は、税込みで5万4000円までという規模の支払いを2か月先延ばしにするサービスであるという時点で、支払い能力が低い消費者をターゲットとしているのは明白だ。実際に決済を代行しているのはスタートトゥデイではなく、「GMOペイメントサービス」という外部の決済サービス業者だ。実態は購入資金を貸し付けて利息を稼ぐ「ローン」に近いといえよう。若者らに安易にローンを組ませれば、支払いの遅れを誘発するのは当然ともいえる。ツイッター(Twitter)などでは、多くの若者が「ツケ払いにハマりそう」「便利だけど支払う時がつらい」などと投稿している。

    【あわせて読みたい】
    ・「スナチャ」を過剰に意識するFacebook社の狙いとは
    ・フェイクニュース汚染、欧州の危機感
    ・DeNAサイト休止…情報汚染は食い止められるか
    ・DeNAサイト休止、ネット検索の“盲点”とは
    ・当然? Facebookから逃げ出す若者たち

    2017年05月10日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと