文字サイズ
    社会

    「赤ちゃんポスト10年」(4)先進ドイツ 匿名を懸念

    読売新聞西部本社 赤ちゃんポスト取材班
     2000年に赤ちゃんポストが開設されたドイツでは、出自を知る子どもの権利が保障されないことが問題視され、赤ちゃんポストに代わる制度が創設された。国内では、こうのとりのゆりかごが10年を過ぎても、第2の赤ちゃんポストは誕生していない。

    • ハンブルクの幼稚園に設置された「ベビークラッペ」=今村知寛撮影
      ハンブルクの幼稚園に設置された「ベビークラッペ」=今村知寛撮影

     ドイツ北部ハンブルクの住宅街。子どもたちの声が響く幼稚園の門に「ベビークラッペ」という看板が掲げられていた。レンガの外壁に扉が取り付けられ、その奥に小さなベッドがあった。いわゆる「赤ちゃんポスト」だ。

    • 、ハンブルクの幼稚園に設置された「ベビークラッペ」について説明するシュネル園長=今村知寛撮影
      、ハンブルクの幼稚園に設置された「ベビークラッペ」について説明するシュネル園長=今村知寛撮影

     監視カメラが24時間作動しており、子どもがベッドに置かれると、警備室から連絡を受けた職員2人が夜間でも10分以内に駆けつける。コーデリア・シュネル園長(42)は「へその緒がついたままの新生児が置かれたこともある。緊急処置の訓練を受けた職員が子どもを保護する」と説明した。

     運営するのは、幼稚園や福祉施設を営む民間企業。路上などに遺棄されて命を落とす子どもを減らそうと、2000年にドイツ国内で初めて開設した。

     この企業は歓楽街に近い幼稚園などにも設けており、4月下旬までに計3か所で51人を受け入れた。預けられると、8週間以内であれば親が引き取れることを新聞で告知するが、それを過ぎると、子どもは養子に出される。

     

    廃止勧告、新たな制度導入

     柏木恭典・千葉経済大短期大学部准教授(教育学)によると、ドイツでは00年以降、各地の病院や教会などが赤ちゃんポストを設け、約100か所に上った。こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)を運営する慈恵病院(熊本市)の蓮田太二理事長(81)も、ゆりかごの開設前に視察してモデルにした。赤ちゃんポストは、スイスやオーストリア、中国、韓国などにも広がっていった。

     ただ、ドイツでは09年、政府の諮問機関である倫理審議会が、出自を知る子の権利を守ることなどを理由に、匿名で託せる赤ちゃんポストの廃止を勧告した。

     代わりに進められているのが「内密出産制度」だ。母親は、公的な承認を受けた妊娠相談所にだけ実名を明かし、医療機関では仮名で子を産む。生みの親が引き取れない場合、子は育ての親と養子縁組をし、16歳になると、政府に生みの親の身元を照会することができる。14年に関連法が施行され、300人以上がこの制度で出産したという。

     柏木准教授は「内密出産を選ぶ人もいるが、宗教上の理由などで未婚での妊娠が認められず、赤ちゃんポストに頼らざるを得ないケースは残るだろう」と語る。

    日本2例目 見送り

     「慈恵病院には関西からも預けられることがあり、数多くの相談も寄せられている。新たな受け皿をつくりたい」。NPO法人「こうのとりのゆりかごin関西」理事長の人見滋樹・京都大名誉教授は今年2月、大阪市内で開いた記者会見でそう語り、国内2例目の赤ちゃんポストを神戸市の助産院に開設する計画を発表した。

     医師や助産師らでつくる同NPOは16年3月から複数の病院に設置を働きかけていたが話がまとまらず、この助産院を選んだ。

     だが、会見の約1か月後、同NPOは市に開設見送りを伝えた。医師が常駐していないことを理由に市が難色を示したためだった。

     預けられた子を医療機関に搬送するかどうかの判断は医療行為にあたり、医師法上、助産師にはできない。助産院では、預けられた場合は、電話で嘱託医に判断を仰ぐ予定だった。

     計98床の慈恵病院には産婦人科や小児科などがあり、夜間も医師が対応するが、助産院は3床で職員12人が交代で勤務するのみ。「新生児が医療が必要な状態で預けられた場合、少人数で対処できるか懸念した」と神戸市の担当者は明かす。

     この10年、同病院以外に新設されなかったゆりかご。熊本県が設置したゆりかごの検証会議で座長を務めた柏女霊峰(かしわめ・れいほう)・淑徳大教授(子ども家庭福祉学)は要因について、「国がゆりかごの是非を明確に示さない中で、運営者側は、託された命を守るだけでなく、匿名で受け入れると出自を知る子の権利を保障できないという重い課題を背負うことになるからだ」と指摘する。

     匿名性を巡っては、ゆりかごを運営する過程でも、常に議論の対象となってきた。

    プロフィル
    赤ちゃんポスト取材班
     読売新聞西部本社の入社5年目から15年目の記者3人が担当。約半年間かけて慈恵病院の関係者や、こうのとりのゆりかごに預けられた子どもの養親らから話を聞き、赤ちゃんポストの先進地・ドイツでも取材を行った。

    【あわせて読みたい】
    ・「赤ちゃんポスト10年」(1)養親 共に悩み前へ
    ・「赤ちゃんポスト10年」(2)一人でも救いたい
    ・「赤ちゃんポスト10年」(3)24時間 心に寄り添う
    ・「赤ちゃんポスト10年」(5)生みの親 捜し求め

    2017年05月18日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP