文字サイズ
    生活

    大人気「うんこ」だらけの漢字ドリル誕生秘話

    文響社社長 山本周嗣
      うんこが幸せを招くこともある――。 最近、こんな例文が掲載された学習教材が話題になっている。今年3月下旬の出版からわずか2か月で、発行部数累計180万部を超える「うんこ漢字ドリル」。例文すべてに「うんこ」という言葉を使い、あの典型的なカタチをしたキャラクター「うんこ先生」が表紙を飾る。モノがモノだけに、「悪ふざけだ」「不謹慎だ」という声も一部にあるが、なぜ、このドリルは受け入れられたのか。出版元である文響社の山本周嗣社長に聞いた。(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

    「うんこ川柳」はボツ

    • 文響社入り口に置いてある「うんこ先生」の顔はめパネルと山本社長(中央)(高梨義之撮影)
      文響社入り口に置いてある「うんこ先生」の顔はめパネルと山本社長(中央)(高梨義之撮影)

     私の友人で映像ディレクターの古屋雄作さんが2003年ごろから、自身のホームページなどで「うんこ川柳」に取り組んでいました。

     「ブリブリ」「ジワジワ」「ボロボロ」といった擬音語・擬態語を使い、「背景を感じさせるうんこ川柳」「生活に密着したうんこ川柳」などのテーマで何百という川柳を書き()めていました。当時、これを書籍化したいと考えていた古屋さんは、出版社を回って企画を持ち込んだのですが、どこにも取り合ってもらえずにいました。

     私は、2010年に出版社を設立しました。2年前、新たな本の企画を練っていた時に古屋さんの「うんこ川柳」を思い出し、私のほうから書籍化を持ちかけました。

     「やっぱり分かってくれたか」

     「さすが山本だよ」

     念願だった書籍化を実現をできると思った古屋さんは、すっかり満足そうでした。2人で盛り上がったのをよく覚えています。

     ところが、自宅に帰り、1人になって冷静に考えてみたんです。

     「あれ、これヤバイ」

     「つくっている方だけが、おもしろがっているんじゃないか」と、読者の視点が抜け落ちていることに気づきました。私には、「うんこ川柳」がベストセラーになっている絵がどうしても思い描けませんでした。

     古屋さんに頭を下げました。「申し訳ないけれど、川柳のことはいったん忘れてくれ」

    【あわせて読みたい】
    出版不況でも好調!「東大流」歴史学習漫画が120万部売れている理由
    辻井伸行の母が語る「わが子の才能を見つけた瞬間」
    偏差値が低くても逆転合格する子の作戦

    2017年05月23日 14時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP