文字サイズ
    社会

    身に覚えのない痴漢、世間の対処法は通用しない

    弁護士 坂根真也
     電車の中で痴漢を疑われた人が線路内に逃走し、電車の運行に遅れが生じるというニュースが相次いでいる。人命が失われたケースもあった。痴漢は許し難い犯罪だが、本当に身に覚えがない時はどうすればいいのか。「とにかく逃げる」「名刺を置いて立ち去る」など、ネット上では様々な対処法が紹介されているが、中にはあまりおすすめできない対応もあるようだ。『痴漢に間違われたらこうなります!』という本を監修した弁護士の坂根真也さんに聞いた。(聞き手・読売新聞メディア局編集部次長 田口栄一)

    駅員室では話を聞いてくれない

    • ラッシュ時の車内。身に覚えのない痴漢容疑をかけられたら、あなたはどうする?(写真はイメージです)
      ラッシュ時の車内。身に覚えのない痴漢容疑をかけられたら、あなたはどうする?(写真はイメージです)

     ――「電車の中で痴漢をした人がいる」。このような一報が入った時、鉄道会社はどのように対応するのでしょうか。

     痴漢の疑いをかけられた人は、電車の中で被害者らに手をつかまれ、「この人は痴漢です。次の駅で降りてください」ということになると思います。電車を降りると、そのまま被害者と一緒に駅員室に行くか、駅員がホームに来るかの二つのパターンがありますが、いずれにしても駅員室に連れていかれます。

     駅員室では、鉄道会社の人が事情聴取をすることはなく、すぐに警察が来てそのまま引き渡されます。厳密に言うと、被害者なり目撃者が疑いをかけられた人の腕をつかんだ時点で「私人による現行犯逮捕」が成立しています。

     駅員に事情を話してわかってもらおうというのは甘く、駅員室から警察に連れていかれるまでは、一つの流れになっているのです。

     ――痴漢行為に対しては、どの法律が適用されるのでしょうか。

     都道府県で制定されている迷惑防止条例、あるいは刑法の強制わいせつ罪が適用されます。下着の中に手を入れて体を触るなど、より悪質な場合は強制わいせつになります。

     ――この時点で、疑いをかけられた人にできることはありますか。

     駅員室に行くまでは被害者や目撃者などの関係者と本人しかいない状況なので、「私は逃げも隠れもしません。大事な用事があるので帰してほしい。いつでもここに連絡して下さい」と言って名刺を渡し、それで相手が納得すれば帰してもらえますが、普通、なかなかそんなことは許してくれないでしょう。

     警察官が来るまでは電話はできると思いますので、知り合いに弁護士がいるなら電話をした方がいいです。たとえ知り合いの弁護士がいなくても、自分が信頼する人に電話をかけて、「こういう状況になったので、すぐに弁護士を探してくれ」と依頼すべきだと思います。

    【あわせて読みたい】
    遠距離サラリーマン必読 「通勤ライナー」最新事情
    損害賠償1億円!やっちゃった時に必要な保険とは
    性犯罪「再犯防止プログラム」に効果はあるのか

    2017年05月25日 12時19分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    山へ行こう♪

    初心者も、ベテランも 準備はしっかりと