文字サイズ
    政治

    都議選、有権者に求められる視点

    明治大教授、元東京都副知事 青山 佾
     7月2日に投開票される東京都議選。現職知事が地域政党を率いて戦う異例の首都決戦は、いよいよ審判の日を迎える。この選挙で何が問われているのか。有権者が求められる視点は――。東京都元副知事で明治大教授の青山氏に聞いた。(聞き手・メディア局編集部次長 久保田稔)

    「異例の都議選」で問われるのは

    • 都議選告示日、候補者の演説を聞く有権者たち(東京・新宿区で)
      都議選告示日、候補者の演説を聞く有権者たち(東京・新宿区で)

     今回の都議選は、都知事が自ら地域政党を立ち上げて戦うという、これまでに例のない形になった。そこではまず、小池都政の評価と実績が問われることになるが、就任以来の約1年間、小池知事が積極的な政策を打ち出したことはあまりなく、目立ったのは「(引き継いだ政策課題を)止めたり、削ったり」したことだった。

     知事の支持率が高いのは、個別の政策というより、キャラクターが支持されているからと考えた方がいい。都知事選は世界にも例を見ないほど多くの有権者が存在するため、人気投票的な側面が強くなる。それが(当選後も)反映されていると言えるだろう。

     一方、都議選は、選挙区の多くが定数2以上であり、基本的に中選挙区的な選挙と言える。候補者の「顔が見える」選挙だ。党派だけにとらわれず、それぞれの政策や人柄、地域の問題にどう取り組もうとしているかを見ることが大切になる。

     選挙戦は、小池知事が代表を務める都民ファーストの会(都民ファ)と、自民党が対決する構図となった。都民ファなどの知事を支持する勢力が、過半数(64議席)を占めるかどうかが注目されている。

     都民ファの候補擁立は遅かった印象だが、「都民ファ=小池知事」という認識はかなり浸透しているので、その点はあまり不利には働かないだろう。一方、自民は加計学園の問題などがあり、候補者たちはつらいかもしれない。ただ、都議選では伝統的に、国政に対する反対票や批判票が投じられたり、あるいは「お(きゅう)を据える」といったことが起きたりする。首都の選挙であるがゆえの宿命でもあり、やむをえない面もあるだろう。

     都民ファと連携した公明、離党が相次いだ民進、知事には是々非々で応じるとする共産など、それぞれ勢力拡大に懸命だ。

    【合わせて読みたい】
    注目の都議選…都民の関心はそっちじゃない!
    豊洲移転問題、石原元都知事喚問を前に考えること
    小池劇場 「都民ファースト」に死角はないか?

    2017年06月30日 10時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP

    目力アップ♪

    疲れをほぐして、イキイキと!