文字サイズ
    社会

    「生きがいを見つけて」35歳末期乳がん患者の告白

    読売新聞メディア局編集部 中根靖明
     「働くことで、生かされた」。  千葉県野田市の会社員、安岡薫さん(35)はステージ4の末期乳がん患者だ。すでに体中の骨や肺にもがん細胞が転移している状態だという。しかし、現在、7歳と3歳の兄弟の子育てをする一方で、会社勤めを続けるなど、見た目や生活ぶりも一見、健康な人と変わらない。彼女の活力の源泉になっているものは何か。そして家族に対してどんな思いを抱いているのか。取材に応じてくれた安岡さんに7月21日に話を聞いた。(聞き手 読売新聞メディア局編集部・中根靖明)

    「5年生存率は30%未満」

    ――宣告された時の様子を教えてください。

    • インタビューに応じる安岡さん。髪はウィッグだという(7月下旬、千葉県野田市で)
      インタビューに応じる安岡さん。髪はウィッグだという(7月下旬、千葉県野田市で)

     今年の8月でステージ4の宣告を受けて2年です。2015年の夏、お風呂に入った時に乳房のあたりが固くて「変な感じ」がしたんですね。実は、左胸が乳腺炎になりやすかったり、腫れやすかったりという兆候があって、以前から病院にかかっていたのですが、当時は乳腺炎と信じて疑っていませんでした。定期的に病院に通っていたのですが、親の介護に加え、子どもが体調を崩す日も多くて、看病もしなくてはならず、病院に行けない状態が8か月続いていました。

     気になったため、その年の8月11日に久々に病院に行き、いつものように検査を受けようとしました。すると、看護師さんが入れ代わり立ち代わり出入りするようになり、「何かがおかしい」と。産婦人科や乳腺外科など、いろいろな部屋に連れて行かれて「まずいな」と感じました。乳腺炎じゃないのかなと。針を刺して細胞の状態を調べる「針生検」をしようとしたのですが、乳房が硬直していて、検査のための麻酔が効かなかったんです。お医者さんは「もう直接針を入れます」と言い、7か所に長い針を刺されました。今でもあけられた穴が残っているんですよ。

    ――そうした場合、本来は麻酔をするもの。痛みは相当だったでしょう。

     ええ。もうこの世のものとは思えないような痛みでした。正直、出産の痛みよりもひどかった。その痕は今でも皮膚がめくれたような状態になっていて、時々出血したり、分泌液が漏れたりする原因になっています。

    ――その後はどうだったのでしょう。

     人生で初めてCT(コンピューター断層撮影)とMRI(磁気共鳴画像)の検査を受けました。最初、「結果は2週間後に出ます」と言われたんです。すると翌朝、突然病院から電話がかかってきて「今すぐ来られますか」と。外出していたので、すぐに自宅に戻り、病院に行きました。いきなり余命宣告されました。「5年生存率」のグラフを見せられ、「5年生きられる可能性は30%を切っています。がんが両方の肺と全身の骨に転移している。ステージ4です」と淡々と説明されたんですね。「うちでは手に負えないので、がん専門の病院を紹介します」と言われて、紹介状を書いてもらいました。

    【あわせて読みたい】
    乳がん、気をつけることは?
    [女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(1)57歳で「血液のがん」に
    [女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(2)がん細胞転移 背骨が圧迫骨折
    [女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(3)抗がん剤治療 体重33キロに
    [女優 大谷直子さん]悪性リンパ腫(4)闘病生活 老境の役作りに

    2017年07月26日 15時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP