文字サイズ
    健康

    死因3位肺炎を予防する「のどの筋トレ」とは?

    耳鼻咽喉科医師 西山耕一郎
     日本人の死亡原因は、悪性新生物(がん)、心疾患(心臓)……次いで多いのが肺炎だ。風邪をこじらせてしまうとかかる病気というイメージもあるが、高齢者の場合、日常生活の中で発症する危険が多くあり、しかも死に直結するリスクが伴う。お年寄りの肺炎を予防する手立てはないのか。西山耳鼻咽喉科医院(横浜市)の西山耕一郎院長に聞いた。(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

    「ごはんが食べられなくなる」

    • 口から入った飲食物は食道を通って胃(右)に入る。気管(左)に入り込んだ場合は誤嚥と呼ぶ(イラスト・中村知史)
      口から入った飲食物は食道を通って胃(右)に入る。気管(左)に入り込んだ場合は誤嚥と呼ぶ(イラスト・中村知史)

     「水が飲みにくくなってきたんです。水を口にすると、むせるようになり、薬の錠剤も飲めなくなりました。このままでは、ごはんも食べられなくなってしまうかも……」

     以前、受診したある高齢女性は、こんな不安を訴えていました。

     ()き込んだり、(たん)がからまったりするといった症状は、特に高齢者の場合、「飲み込む力」が衰えている可能性が考えられます。

     「飲み込む」という行為は、のどの中で、「気管の入り口を閉じる」「食道を開く」「食道へ送り込む」といった一連の動きが、瞬時に連携して行われることで成立しています。

     このとき、ちょっとしたズレや反応の遅れが生じると、ゴックンと飲み込もうとした飲食物が食道ではなく、誤って気管へ入ってしまいそうになります。危険を察知した体は瞬間的に、むせたり、咳き込んだりして、侵入物から身を守る防衛反応を見せます。

     むせたり、咳き込んだりすることがしょっちゅうあるようなら、飲み込む力が衰えているサインと考えてもいいでしょう。飲食物が誤って気管のほうへ侵入する「誤嚥(ごえん)」を起こす可能性が高まっています。

     誤って気管へ入りそうになった侵入物を、せきなどで出すことができるうちは問題ありません。

     しかし、うまく吐き出せずに、そのまま肺に入り込んでしまったら、細菌が増殖し、「誤嚥性肺炎」を引き起こす危険があるのです。

    【あわせて読みたい】
    ・身近な人を亡くしたら…【臨終から葬儀編】
    ・魅惑のラーメンライス!主食の重ね食べに潜む危険
    ・眠いのに寝られない!「かくれ不眠」の疑いあり

    2017年09月20日 08時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP