文字サイズ
    スポーツ

    本音はツイッターで…力士たちのSNS事情

    相撲リポーター 横野レイコ
     大相撲秋場所は99年ぶりに3横綱2大関が休場となってしまったが、平成生まれの若手力士が場所を盛り上げている。以前の「お相撲さんは無口」というイメージとは様変わりして、彼らは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使って自分の言葉でしゃべり、私生活の様子も発信している。本場所の相撲だけではわからない力士たちのSNS事情を相撲リポーターの横野レイコさんに紹介してもらった。

    ファンの視線を力に…阿武咲

    • 阿武咲
      阿武咲

     「力士は土俵で語るもの」と言われたのは、もはや遠い過去の話。先輩の関取たちが見たら、驚くような時代になっている。幕内3場所目で、12日目に勝ち越しを決めた前頭3枚目の阿武咲(おうのしょう)は21歳。インスタグラムやフェイスブック、ツイッターなど3種類のSNSを使いこなす。場所休みや巡業中は、度々それらを更新し、仲の良い関取たちと食事に出かけた写真や、外出先の景色の写真をアップするなどしている。プライベート感満載の写真は、見ているだけで関取のライフスタイルが手に取るようにわかる。インスタグラムやフェイスブックでも連動できるように設定している。

     1年半前、十両昇進をきっかけに軽い気持ちで始めたというツィッターは、番付の上昇とともにフォロワーが増え、今では8800人以上にフォローされている。新入幕だった夏場所前の5月13日にはツイッターとインスタグラムに「後は己を信じてやるだけ!」「早く土俵に上がりたい!」と場所への意気込みを率直に書き込み、自信をのぞかせた。言葉通りの活躍で初の敢闘賞も獲得し、場所後には「応援ありがとうございました!そしてこれからも宜しくお願します!」とコメントを残し、最後には「俺は必ず強くなる!」と締めくくっている。

    • 阿武咲のツイッターから
      阿武咲のツイッターから

     2場所目となる7月の名古屋場所では、1949年の夏場所以降、初代若乃花や白鵬など6人しか達成していない新入幕から2場所連続の2ケタ勝利を挙げ、「新入幕からの2場所目は伸び悩む」というジンクスもはね返す活躍を見せて、知名度は一躍全国区になった。国技館では急きょ、阿武咲の錦絵の絵葉書が作られたほどだ。カラオケのうまさは横綱級と評判だが、ファンとの交流も特筆ものだ。場所中もSNSを必ずチェックし、ファンがアップする動画を見て気分転換し、集中力を高めているという。多くのファンに見られることを力に変える強さを持っている。

     同い年のライバル、貴景勝(たかけいしょう)との写真も多く、「中学時代から全国大会などで必ず顔を合わせていたし、ライバル意識はありますね。負けたくない思いは人一倍強いけど相撲を離れると仲良しで、巡業中も必ず一度は2人きりで食事に行きます」という。もはや彼らにとっては日常生活の欠かせないツールになっているようだ。

    【あわせて読みたい】
    「脱走常習」の高安を大関昇進に導いたひと
    宇良、石浦…小兵力士が土俵を盛り上げる!
    痛みに耐えて頑張った!稀勢の里が歩む名横綱の道
    元祖スー女だけが知っている 大横綱・北の湖の苦悩と強さ

    2017年09月21日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP