文字サイズ
    経済

    マンション買うなら、新築?中古?五輪後?

    不動産コンサルタント 針山昌幸

    中古マンションを選ぶ5つのポイント

    • (画像はイメージ)
      (画像はイメージ)

     新築マンションに比べ、リーズナブルな中古マンションですが、選ぶ上で気をつけたいポイントがあります。順に見ていきましょう。

    【1】築年数

     中古マンションを検討する際に、一つの目安となるのが1981年6月以降に工事が開始されたマンションであるという点です。

     この年に建築基準法が改正され、マンションの耐震性が大きく異なっているからです。

     81年6月以降に工事が開始されたマンションを「新耐震基準」と言いますが、震度7の地震でも倒壊しない耐震性を備えているとされています。

     古いマンションを手ごろな価格で購入し、内装を自分好みにリノベーションするという人もいます。

     この新耐震基準は、税金の優遇措置である「住宅ローン控除」を利用するための条件にもなっているので、まず確認したいポイントです。

    【2】設備

     中古マンションの場合、売り主がもともと部屋を使っており、その部屋が売りに出されます。

     当然、人が使っていたものですから、設備に劣化や不具合が生じているケースがあります。給湯器、エアコン、食洗機、ディスポーザーなど、自分で直すとなると、それなりの費用がかかります。

     見学した際に気に入った部屋があれば、「何か不具合はありませんか?」と不動産会社に聞いておくと良いでしょう。

    【3】管理状態

     中古マンションを検討する際に、ぜひ確認してほしいのが「管理」です。

     不動産の格言に「マンションは管理を買え」という言葉があるほど重要です。

     マンションを見学すると、不動産会社の営業マンから「重要事項に関わる調査報告書」という管理状態を示す書類をもらうことができます。

     この書類を必ずスミからスミまでチェックしてください。

     その中でも、特に気をつけたいのが「マンション全体で借金がないか」という点です。マンションに借金がある場合は、計画的に修繕積立金が()まっていない可能性があります。

     たとえ借金があったとしても、すぐには問題になりませんが、将来の修繕を行うことができない恐れがあります。そうなると、マンションの資産価値を保てない危険性があります。

    【あわせて読みたい】
    ・家は駅から7分以内で?不動産市場が激変!
    ・マンションの「局地バブル」はもう崩壊寸前
    ・あなたのマンションは「2020年問題」を乗り切れるか?!

    2017年10月06日 06時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP