文字サイズ
    スポーツ

    スポーツ科学から見た、“桐生100m9秒台”

    東京大学教授 深代千之
    陸上・男子100メートルで9月9日、桐生 祥秀 ( よしひで ) 選手(21)が日本人で初めて“10秒の壁”を突破して9秒98の日本新記録を樹立した。3年前に著書『日本人は100メートル9秒台で走れるか』で、東京大学の 深代千之 ( ふかしろせんし ) 教授は近い将来に実現することを科学的見地から予測していた。深代教授に、桐生選手の走りをスポーツ科学の視点から分析してもらい、さらに記録を伸ばすにはどのような点がポイントになるかを聞いた。(聞き手:読売新聞メディア局編集部 河合良昭)

    1歩が6.4ミリ伸びた

    • 日本学生対校選手権男子100メートル決勝で、9秒98のタイムで優勝した桐生選手
      日本学生対校選手権男子100メートル決勝で、9秒98のタイムで優勝した桐生選手

     走る速さは、ピッチ(1秒あたりの歩数)とストライド(1歩で進む距離)の積算で決まります。しかし、ストライドを伸ばそうとすればピッチが下がり、ピッチを上げようとするとストライドが短くなってしまうことが多いのです。ピッチは日本人のほうが世界のトップよりも多いのですが、ストライドに課題がありました。ストライドは身長に関係するので、背の高い外国人に比べて日本人選手が短いのは仕方ないのですが、身長に対する比率でも世界記録保持者のウサイン・ボルトら外国のトップ選手に劣っていました。そのため、ここに日本人選手の伸びしろがあると考えていました。私は9秒台を出すためには、ピッチ数を落とさずにストライドを1歩5ミリ以上伸ばすことが必要だと分析しており、実際、9秒台を出したレースで桐生選手は、4年前からストライドを1歩約6.4ミリ伸ばしていたと報じられています。

    • 桐生選手はストライドを伸ばして9秒台を実現した
      桐生選手はストライドを伸ばして9秒台を実現した

     昔は単純に脚を前後に開く幅を広げればストライドが伸びると考えられていましたが、それではピッチが落ちてしまいます。ピッチを落とさずにストライドを伸ばすにはどうしたらよいか調べると、地面を蹴る力を強くすることでした。一般の人のストライドは、身長とほとんど同じ長さだとされているので、桐生選手に当てはめれば通常は1メートル76となります。9秒台で走ったレースではゴール前の1歩が2メートル40近くに達していたと報じられていますから、地面を力強くキックできていたのだと思います。

    【あわせて読みたい】
    桐生と山県…10秒の壁をめぐるライバル物語
    時間の問題?日本男子が100mを9秒台で走る日
    ケンブリッジ飛鳥の体脂肪率4・4%はやはりすごい

    2017年10月21日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP