文字サイズ
    科学

    こんなにいる!「ノーベル賞級」の日本人

    読売新聞調査研究本部主任研究員 佐藤良明
     2017年のノーベル賞は、文学賞に輝いた日本生まれのカズオ・イシグロ氏に注目が集まったものの、ファンが期待した村上春樹氏や自然科学系の日本人研究者は受賞に至らず、「日本人が4年連続」の栄誉はならなかった。だが、ノーベル賞以外にも国際的に権威がある賞はあまたあり、日本人は多くの賞に輝いている。読売新聞調査研究本部で科学を担当する佐藤良明主任研究員が、ノーベル賞級の業績を挙げている日本人を紹介し、日本の隠れた実力をリポートする。

    数学のノーベル賞「フィールズ賞」

    • 広中平祐・元山口大学学長
      広中平祐・元山口大学学長
    • 故・小平邦彦博士
      故・小平邦彦博士
    • 森重文博士
      森重文博士

     科学分野で最初に挙げたいのは「フィールズ賞」だ。ノーベル賞が対象とする科学の分野は、物理学、化学、生理学・医学の3分野だけで、数学賞がないため、長くフィールズ賞は「数学界のノーベル賞」と言われていた。

     カナダの数学者フィールズの提唱で1936年に創設された同賞を、日本人はこれまでに3人が受賞している。そのうち、世間一般に名前が広く浸透している数学者といえば、広中平祐・元山口大学学長(70年受賞)だろう。他の受賞者である故・小平邦彦博士(54年受賞)と森重文博士(90年受賞)も数学界ではビッグネームだが、ノーベル賞受賞者ほど知られてはいないのは残念だ。

     世界各国の高名な数学者の集まりである国際数学者会議が授与するフィールズ賞はある意味、ノーベル賞よりも狭き門かもしれない。というのも、賞の授与が行われるのが同会議の開催周期に合わせた「4年に一度」に限られているからだ。しかも若手を顕彰するという意味で、賞の対象者を原則「40歳以下」にするという年齢制限までついている。

     ノーベル賞が毎年の授与で、しかも年齢制限がないことを考えると、賞の重みがまた違ったものに感じられる。実際、素粒子研究で2008年のノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・京都産業大学教授は、「日本人にはノーベル賞に比べ、フィールズ賞があまり知られていない。受賞者はもっと評価されていいのではないか」と語っている。


    【あわせて読みたい】
    日本人女性がノーベル賞を取る「秘策」はあるか
    カズオ・イシグロがノーベル文学賞に選ばれた理由
    カズオ・イシグロと村上春樹 文学の違いはどこに?
    より深い理解と感動へ、英語で読むカズオ・イシグロ

    2017年12月10日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP