文字サイズ
    社会

    オオカミに最も近い……世界で大人気の日本犬は?

    読売新聞生活部 宮沢輝夫

    先祖は「マタギ犬」

    • 秋田県大館市の秋田犬の「あこ」
      秋田県大館市の秋田犬の「あこ」

     秋田犬は明治時代に秋田県で誕生した犬種です。土台となったのは、東北地方のマタギ犬でした。マタギとは狩猟で暮らした人々で、猟犬はマタギ犬と呼ばれました。

     幕末から明治時代にかけて、秋田県では闘犬大会が大流行し、豪農や資産家が体格の良い犬同士を掛け合わせました。ここからマタギ犬の大型化が始まります。

     さらに、超大型犬マスティフなど洋犬の血も取り入れられたとされ、現在に通じる秋田犬が誕生しました。飼い主に忠実な性質と立ち耳・巻き尾の姿はマタギ犬のままで、体格は二回りほども大きくなったのです。地面から肩までの高さ(体高)は65センチほど、体重は50キロ近くになることもあります。

     洋犬種に劣らぬ体格と威厳を備えた秋田犬は、柴犬など日本犬6品種(かつては7品種)のうちの一つです。

     1931年には、日本犬として国の天然記念物の第1号に指定されます。背景には、明治以降の急激な西洋化に反発する社会機運がありました。犬の世界でも、明治維新後にどっと流入してきた洋犬に、日本犬は駆逐されそうになっていたのです。

     翌32年に登場したのがハチ公でした。新聞や雑誌、ラジオが取り上げ、その名声は、日本犬の地位を高めることに多大な役割を果たします。秋田県の秋田犬保存会(設立1927年)、東京都の日本犬保存会(同28年)は、ハチ公人気の後押しを受けて活動が盛んになりました。

     戦後の高度成長期が始まる前後から、秋田犬を番犬として飼う人が増えました。高値で取引されるようになり、ブリーダーが雨後の竹の子の(ごと)く生まれ、秋田犬の展覧会(ドッグショー)は愛好家や見物客であふれかえりました。1960年代後半~70年代前半には空前のブームを迎えます。

    小型犬人気……日本では「存亡の危機」

     ところが、現在の日本において秋田犬は、存亡の危機を迎えています。

     秋田犬保存会の犬籍(戸籍に相当)年間登録数(国内)は、ピーク時だった1972年の約4万6000頭から最近では2000頭台にまで減少しました。本場の大館市でさえ、飼育されているのは30頭に満たないほどです。

     このままでは早晩、日本から秋田犬がいなくなってしまう危機的状況になっています。

    減少の背景には、核家族化と少子化が進み、大型犬の秋田犬を飼う余裕が失われたことがあります。逆に人気が上がったのが、シーズーやトイプードル、ミニチュアダックスフントなど小型の洋犬種です。

    【あわせて読みたい】
    ・トラブルも勃発?「ドッグラン」を犬と楽しむ方法
    ・あなたの愛犬も避けられない~高齢犬介護の基礎知識
    ・ソニー「aibo」は「先代」を超えられるか?

    2017年12月27日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら