文字サイズ
    社会

    2020年の日本、100年前にここまで見通した男

    読売新聞メディア局編集部 河合良昭
     東京五輪が開催される2020年の日本の姿は? わずか2年先を見通すのも簡単ではないのに、100年後を予想するという試みがあった。今から98年前、大正時代の雑誌の企画に文化人や学者ら総勢370人が見解を寄せた。「火星旅行ができる」「日本の人口は78億人」などと多くの人々が夢物語を描く中、国民の平均寿命や、運輸・通信技術の発達など、現代の日本の姿を鋭く見通した男がいた。一体、何者なのか。

    「飛行機は富士山経由で火星へ」

    • 雑誌「日本及日本人」の表紙
      雑誌「日本及日本人」の表紙

     企画は「百年後の日本」と題し、1920年(大正9年)発行の雑誌「日本及日本人」の春季臨時増刊号に掲載された。

     見解を寄せたのは約370人。評論家などとして活躍した三宅雪嶺(せつれい)が発行人を務めた雑誌だけに、著名な大学教授や小説家、宗教関係者らが名を連ねたが、「神ではないからわからない」「想像できない」などの声も多かった。100年後の予想は、当時の知識人たちにとっても難題であったことがうかがえる。

     夢を抱いて大胆な予想をした人も、もちろんいた。日刊紙「萬朝報(よろずちょうほう)」の記者だった石川半山は、「世界が統一され、中央政府ができる。日本人は78億人に」「火星との交通が開けて、富士山は火星に向かう飛行機の停留場となる」といった趣旨の文章を寄せた。

     石川は、明治期に「ハイカラ」という言葉を生んだ人物だった。この事実を明らかにした日本語学者で梅花(ばいか)女子大(大阪府)教授の米川明彦さん(62)は、「(石川は)政治に強い関心があったので『世界統一』などといった予想をしたのでしょう」とした上で、こんなエピソードを明かしてくれた。

     企画が行われた20年に大正期最大のベストセラー「死線を越えて」を書いた作家・社会運動家の賀川豊彦が、その2年後に発表した「空中征服」の中で、光線列車を使って火星に移住する話を書いていたというのだ。「2人が意識し合っていたのか、それとも、この時期に火星に関する何か話題があったのか。想像が膨らんで面白いですね」と米川さんは話した。

    【あわせて読みたい】
    ネットで衰退、再興…大宅文庫復活の舞台裏
    給食の歴史~脱脂粉乳から揚げパン、ソフト麺へ~
    名古屋「レゴランド」緊急値下げと次の一手

    2018年01月09日 15時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    プレゼントなど特典が満載! 読売ID登録(無料)はこちら