文字サイズ
    生活

    死んだ後もひとりぼっち…孤独死を防ぐには?

    在宅医 長尾和宏
     誰にもみとられず自宅で亡くなった一人暮らしの人数は、19道県と東京23区で2016年の1年間に約1万7000人に上ることがわかった。読売新聞が昨年、全国47都道府県警と東京都監察医務院に取材した。19道県と23区の全死亡者数は全国の約38%を占め、単純計算すると、孤独死(孤立死)は全国で約4万6000人に上り、このうち男性が7割を占める。孤独死を防ぐにはどうすればいいのか。在宅医として1000人以上をみとった医師の長尾和宏氏に聞いた。(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

    孤独死の7割は65歳以上

     孤独死について、全国統計はありません。これは、「孤独死」の明確な定義がないためです。

     ただ、いくつかの組織が部分的な統計を出しています。それを紹介しましょう。

     東京都監察医務院は、東京23区内で発生した「不自然死(死因不明の病死や事故死など)」について、死体の検案や解剖を行っている組織です。「不自然死のうち、自宅で亡くなった一人暮らしの人の死」を孤独死として、毎年、23区内の統計を発表しています。これによると、2016年の孤独死は4604人。およそ7割に当たる3175人が65歳以上でした。

     ニッセイ基礎研究所は14年12月、高齢者の単身世帯の増加に伴い、団塊世代(1947年~49年生まれ)で33万人、75歳以上世代で36万人が、それぞれ社会的孤立が疑われる状態にあるとする研究成果を発表しています。この中で、孤独死は全国で年間3万人と推計しています。

     では、「孤独死」とはどのような死なのでしょう。そして、孤独死の後、どうなるのでしょう?

    【あわせて読みたい】
    ・困った高齢者?実はお年寄りも困っている
    ・定年後に熟年離婚しない「いい夫婦」とは?
    ・元気ハツラツでも突然死の危険「隠れ疲労」とは?

    2018年01月29日 07時29分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP