文字サイズ
    国際

    米朝首脳会談中止、仲介役の韓国に大きな衝撃

    龍谷大学教授 李相哲
     トランプ米大統領は24日、シンガポールで6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止を表明した。北朝鮮による最近の敵対的な言動を問題視したためだ。対話の糸は途切れたのか。龍谷大学の李相哲教授に聞いた。(聞き手・読売新聞メディア局編集部次長 田口栄一)

    埋まらなかった米朝のミゾ

    • 24日、ホワイトハウスで北朝鮮問題について語るトランプ大統領(AP)
      24日、ホワイトハウスで北朝鮮問題について語るトランプ大統領(AP)

    ――米朝首脳会談の中止は何が原因だったと見ているか。

     「米国が北朝鮮非核化の条件を()り上げようとしたことに対し、北朝鮮が条件を下げてくれという意味で会談の再考を匂わせたのだが、本当に中止になって驚いているというのが、北朝鮮の本音だろう。

     今まで出ている情報を総合すると、北朝鮮には完全非核化は念頭にない。彼らが描いている基本方針というのは、これから製造する核兵器、ICBM(大陸間弾道ミサイル)は凍結する。核施設を無力化する。しかし、すでに製造して兵器化している核に関しては放棄せず、核保有国として米国と対等な立場で話をする、というものだ。

     外見的には、核実験場を破壊したり、拘束されていた米国人を解放したり、核実験やミサイル発射実験を中止したりという、北朝鮮が言うところの「先導的な措置」をとった。米国を信じて話をしようとしたが、ポンペオ米国務長官が北朝鮮を訪問した後、米国に戻って言ったのは『金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は非核化について、はっきりした話はしなかった。ただ体制の安全、平和体制の構築、経済支援、この三つについて話をした』ということだった。米国は、北朝鮮には結局、非核化の意思はないことを確認したのではないか。

     核保有国として米国と対等に話をしたい北朝鮮と、米国の間で溝が埋まらなかったということだろう」

    ――今後、北朝鮮が対話の再開に向けて歩み寄る可能性はあるか。

     「やろうとしてもできない状況だと思う。北朝鮮は米国が求める水準を満たすことはできない。問題は、先に体制を保証してくれるのか、先に非核化するのかということだ。北朝鮮は、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と立場が一致している。つまり、まずは体制の保証、終戦宣言をして平和協定を結べば、北朝鮮は攻撃される心配がなくなるので、非核化に向けて動くことができる、ということだ。

     しかし、このやり方は米国が過去にも経験している。それをやれば一番重要な軍事オプションという『圧力カード』を失ってしまう。これは米国にはできない。その点でも米朝双方が、これまで話し合って、これは無理だということがわかったはずだ」

    • トランプ大統領から金正恩朝鮮労働党委員長にあてた書簡。この中でトランプ大統領は米朝首脳会談の中止を告げた。書簡は米ホワイトハウスが24日に公開した(ロイター)
      トランプ大統領から金正恩朝鮮労働党委員長にあてた書簡。この中でトランプ大統領は米朝首脳会談の中止を告げた。書簡は米ホワイトハウスが24日に公開した(ロイター)

    2018年05月25日 16時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集