文字サイズ
    予選会展望

    個人1位争い、ワンブィら軸

     個人1位の争いは、9月の日本学生対校選手権5000メートル、1万メートルを制したパトリック・ワンブィ(日大2年)や1万メートルで28分3秒65の記録を持つサイモン・カリウキ(日本薬科大2年)が中心となりそうだ。

     日本勢では、関東学生対校選手権1万メートル(2部)3位の鈴木健吾(神奈川大3年)や日本学生対校選手権5000メートル2位の石川颯真そうま(日大4年)、前回箱根駅伝2区で区間7位の菊地聡之(城西大4年)、ハーフマラソンで実績のある明大の籔下、丸山竜也(専大4年)、国士舘大の住吉も上位をうかがう。

     

    【関連記事】

    ・予選会展望 体幹トレ改善、故障者減/明大

    ・予選会展望 「1秒も無駄にしない」/国士舘大

    ・予選会展望 上位10校目指し、合計タイム競う

    2016年10月14日 11時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun