文字サイズ

    青学、箱根3連覇…「大学駅伝3冠」も達成

    箱根駅伝特集ページはこちら
    • 3連覇を果たし、ガッツポーズでゴールする青学大の安藤悠哉(3日午後、東京都千代田区で)=菅野靖撮影
      3連覇を果たし、ガッツポーズでゴールする青学大の安藤悠哉(3日午後、東京都千代田区で)=菅野靖撮影

     第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間、109・6キロで復路が行われ、往路を制した青山学院大が11時間4分10秒で、3年連続3度目の総合優勝。

     出雲全日本大学選抜駅伝、全日本大学駅伝に続く「大学駅伝3冠」も同時達成した。

     2位と33秒差でスタートした青学大は、8区の下田裕太(3年)が2年連続区間賞の快走を見せるなど、復路では一度もトップの座を譲らなかった。最優秀選手(金栗かなくり杯)には、6区で自身の持つ区間記録を8秒更新した日本体育大の秋山清仁(4年)が選ばれた。

    2017年01月03日 21時28分 Copyright © The Yomiuri Shimbun