<速報> 英首相、EU単一市場からの離脱を正式表明
    文字サイズ

    早大、復路のエースを7区に投入…不発に

    箱根駅伝特集ページはこちら
    • 小田原中継所でたすきを受け取りスタートする早大7区の井戸浩貴。左は6区の石田康幸(4日)=菅野靖撮影
      小田原中継所でたすきを受け取りスタートする早大7区の井戸浩貴。左は6区の石田康幸(4日)=菅野靖撮影

     3日の箱根駅伝復路で、33秒差からの逆転を狙う早大・相楽豊監督は勝負手を放った。

     9区での起用を検討していた復路のエース、井戸(4年)を7区に配置。「早めに反撃しないと、手遅れになる可能性がある」。復路も充実した戦力を残す青学大を追うため、まずは接戦に持ち込みたかった。

     理想通りにはいかなかった。青学大との差は6区で2分余りに拡大。7区の井戸は終盤、青学大・田村の失速に気付き、猛追したが、1分21秒差まで追い上げるのがやっと。「差が急激に詰まっているのは分かっていたが、僕もきつかった」と井戸。8区以降もタイムは伸びず、最後は3位を死守する展開となった。

    (ここまで280文字 / 残り155文字)
    2017年01月03日 21時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP