文字サイズ

    箱根3連覇の青学大が「地元」渋谷でパレード

    • 渋谷センター街をパレードする青学大の原監督と選手たち(7日午後、東京都渋谷区で)=稲垣政則撮影
      渋谷センター街をパレードする青学大の原監督と選手たち(7日午後、東京都渋谷区で)=稲垣政則撮影
    • パレード前に渋谷駅前であいさつをする青学大の原監督(手前左)と選手たち(7日午後、東京都渋谷区で)=稲垣政則撮影
      パレード前に渋谷駅前であいさつをする青学大の原監督(手前左)と選手たち(7日午後、東京都渋谷区で)=稲垣政則撮影

     2、3日の第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)で総合3連覇を飾った青学大が7日、東京・渋谷センター街でパレードを行った。

     渋谷は大学にとって青山キャンパスがある「地元」で、原すすむ監督や部員たちは商店街の中心通り約200メートルを徒歩で往復。沿道を埋めたファンからの写真撮影やハイタッチの要望に応じながら、約20分間練り歩いた。

     原監督は「次なる目標としては、2020年東京五輪が控えている。在校生、OBが日の丸を背負ってマラソンで活躍した際には、また皆さんとお祝いしたい」と力強く宣言した。

    2017年01月07日 19時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun