文字サイズ

    箱根3連覇、青学大の相模原パレードに3万人

    • 沿道の観衆に手を挙げて応える原監督(右)と安藤主将
      沿道の観衆に手を挙げて応える原監督(右)と安藤主将

     第93回箱根駅伝で3連覇し、大学駅伝3冠を達成した青学大の選手らが29日、練習拠点のある相模原キャンパス(相模原市中央区)近くで祝勝パレードを行った。

     主催した地元商店会によると約3万人の観衆が沿道で祝った。パレードには原晋監督とタスキをつないだ全選手、サポート担当の学生らが参加。同大応援団や吹奏楽バトントワリング部のパフォーマンスに続いて、選手たちが320メートルの県道を約30分かけてゆっくりと移動すると、沿道から「優勝おめでとう」の声がこだました。

     安藤悠哉主将(4年)らは150本のビニール製風船にサインし、沿道に投げ入れてファンとの交流を楽しんだ。原監督は「来年は4連覇を目指すが、これからも青山学院の成長を見守ってほしい」と述べ、地元からの声援に応えた。

    2017年01月30日 10時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP