文字サイズ

    青学大が逆転V4、最優秀選手には林奎介

    箱根駅伝 リアルタイム実況・解説はこちら

     第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町の芦ノ湖駐車場入り口から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間、109・6キロで復路が行われ、往路2位の青山学院大が6区で東洋大を逆転し、大会新記録の10時間57分39秒で、4年連続4度目の総合優勝を果たした。

     東洋大と36秒差でスタートした青山学院大は6区の小野田勇次(3年)が区間賞の走りでトップに立つと、7区の林奎介けいすけ(3年)が区間新記録をマーク、8区の下田裕太(4年)も区間賞でつないで突き放した。最優秀選手(金栗かなくり杯)には、林が輝いた。

    2018年01月03日 18時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun