文字サイズ

    2018年度 読売ビジネス・フォーラム 講師と日程

    北海道の展望 語る5人

    ◆北海道の展望 語る5人

     「読売ビジネス・フォーラム」は、政財界をはじめ各分野で日本をリードする方々を講師に迎え、北海道の進む道を展望しています。2018年度の講師5人の略歴を紹介します。

     政界からは「ポスト安倍」の有力候補となっている自民党政調会長の岸田文雄氏を招きます。主要閣僚を歴任し、外相の在任期間は、首相と兼務した吉田茂に次ぐ戦後2位、専任としては最長で、日本の外交を切り盛りしました。

     来年のラグビーワールドカップ(W杯)の日本開催をにらみ、ヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸氏が講演します。現役時代に早大、サントリーで活躍後、早大監督で大学選手権3度制覇、サントリー監督で07年度トップリーグを制し、指導者としての実績も抜群です。北海道日本ハムファイターズに入団した清宮幸太郎選手の父です。

     ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク代表の須永珠代氏は、ふるさと納税ブームの立役者です。インターネットを通じ、お金が地方に回っていく仕組み作りに知恵を絞り、ふるさと納税だけでなく、アイデア豊富に地域を支援する事業を手がけています。

     カルビー代表取締役会長兼CEOの松本晃氏は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人トップから「プロ経営者」として招請されました。生え抜きや創業家出身がトップになることが多い日本も変わろうとしています。働き方改革など企業の転換期を迎えている時代に必要な視点をうかがいます。

     中村友哉氏が代表取締役を務めるアクセルスペースは、東大発の宇宙ビジネスベンチャーとして注目を集めています。22年までに超小型人工衛星50機を打ち上げ、そこから得られる世界の画像データを提供する新サービスを創設する構想を発表しました。宇宙ビジネスの旗手として注目を集めています。

     【入会要項】年会費5万円(税込み、会食代含む)=分割払い可=、資格要件なし。入会申し込み、問い合わせは読売新聞ビジネス・フォーラム事務局(読売新聞北海道支社内〒060・8656)、電話011・242・3116、ファクス011・241・6621、電子メール(d-ybf@yomiuri.com)へ。

    2018年03月09日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    朝活